日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 宮下かな子と観るキネマのスタアたち  > 99歳の監督が日本人に残した『一枚のハガキ』
宮下かな子と観るキネマのスタアたち第8話

「愛する人が亡くなっても、手を止めてはいられない」99歳の新藤兼人監督が日本人に残した『一枚のハガキ』

文=宮下かな子(みやした・かなこ)

「愛する人が亡くなっても、手を止めてはいられない」99歳の新藤兼人監督が日本人に残した『一枚のハガキ』の画像1
イラスト/宮下かな子

 こんばんは! 宮下かな子です。先日祖父の命日だったのですが、ちょうど夢に出てきたんです。「あれ? じいちゃんまだ生きてたんだ! ごめん!」と思って目が覚めました。じいちゃんすごく良い笑顔でニカーッと笑っていて、もしかしたら会いに来てくれたのかなあ? なんて思っています。

 今月11日で、東日本大震災から10年がたちましたね。地元の福島県いわき市で、中学の卒業式を終えて友人たちと遊びに出かけていた、当時15歳の私。警報があちこちで鳴り、我先にと押しのけて外に出ようとする人たちの姿をすごく冷静に見ていたこと、押された人が階段でドミノ倒しになったこと、ガラスが割れる音と女の子の悲鳴、友人の表情。あの時の非日常な光景は、今でも鮮明に覚えています。

 心身に深い傷を負っていらっしゃる方、まだまだたくさんいらっしゃると思いますが、この10年で、街も人も、大きく変化しています。私も、帰省するたびに街の復興活動の様子に驚かされ、先日もニュース番組に出演していた地元の人たちの前向きな姿に、とても励まされました。少しでも良いから、私も仕事を通して誰かを励ませたらなぁ、と思います。

 あ! 12日より、私も出演させていただいている映画『ブレイブ-群青戦記-』が全国の映画館で公開中です! 地元の映画館でも上映されているのですが、この映画館、津波の被害を受けた港に新設されたんですよ。映画館が近隣になかった地域だったのでうれしいですし、何よりこうして自分が出演している作品を地元の方々に観てもらえるって、すごく感慨深いです。お時間ありましたら皆さまも是非、ご覧ください!

 10年前のことを考えていたら、この年にキネマ旬報ベスト1位に輝いた作品を観てみたいと思い、今回は新藤兼人監督『一枚のハガキ』(2011年、東映)を選びました。時代は太平洋戦争末期。命の尊さを考える今にふさわしい作品です。

〈あらすじ〉

太平洋戦争末期に招集された松山啓太(豊川悦司)ら100人の兵士は、上官によるクジ引きで運命を決められた。生き残ったのは松山含め6人のみ。帰国した松山は、亡き戦友・森川定造(六平直政)に託された一枚のハガキを手に、差出人の妻・友子(大竹しのぶ)を訪ねに行く……。

 新藤監督自ら、「映画人生最後の作品にする」とおっしゃって挑んだ作品だったそうで、公開の翌年、老衰により満100歳で死去されています。この作品、新藤監督の実体験をもとにした物語で、自身が生き残った6人の兵士うちの1人だそう。戦争を体験した新藤監督だからこそ語れるリアルを、後世に残してくださった渾身の遺作です。

 物語は、100人の兵士たちがきれいな坊主頭を揃え、整列している様子から始まるのですが、その中に主人公、松山啓太を演じる豊川悦司さんが並んでいます。豊川さんがアップで映し出された時の、隠しきれない存在感といったら! 真っ直ぐな瞳から、揺るぎない意思の強さが感じられます。

 さて、そんな主人公松山が、2段ベットを共有し仲良くしていた森川定造に一枚のハガキを見せられます。定造の妻・友子が書いたこのハガキ。これがきっかけとなって物語が進んでいくのですが、ハガキの文章は、たったの1行だけ。しかしこの1行が凄いんです!

〝今日はお祭りですが あなたがいらっしゃらないので何の風情もありません。〟

 これを見た松山は、何度も声に出して読むのですが、日本人の心を掴む、すごく素敵な一文だと思います。

 直接的に、夫に会えない寂しさを主張するのではなく、〝何の風情もありません〟で留めることによって、かえってその抑えている心情が強調されているように感じられるんですよね。

 お祭りの賑やかな空気の中、いつにも増して孤独を感じている友子の姿が彷彿させられて、とても切ない。もっともこの時代、手紙を出すにも一苦労。戦時中の軍事郵便の検閲は厳しく、自由に書くことができない状況ではありましたが、この心情を抑えた表現こそ、日本人のつつしみ深い品格だと感じます。まだ登場していない友子の、人となりが垣間見える瞬間でもあるんです。

123

「愛する人が亡くなっても、手を止めてはいられない」99歳の新藤兼人監督が日本人に残した『一枚のハガキ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

渋沢栄一と岩崎弥太郎「料亭事件」の真相

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ラバーガールに疑問を直撃!

生みの苦しみ、腰の重さ、それでも単独をやる理由 ――8月26日から28日にかけて、2...
写真