日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松本人志『笑ってはいけない』日テレを咎めなかったワケ

松本人志が『笑ってはいけない』台本流出報道で日テレを咎めなかったワケ

文=与良天悟(よら・てんご)

松本人志が『笑ってはいけない』台本流出報道で日テレを咎めなかったワケの画像1 またまた松本人志が大激怒!…とはなっていないようだが…。

 3月11日の『FRIDAYデジタル』が、昨年末に放送された特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない大貧民Go Toラスベガス24時』(日本テレビ系)の台本を独占入手し、話題を呼んでいる。

「掲載されたのは、お蔵入りとなったアンジャッシュ・渡部建の出演シーン。昨年の『女性セブン』では東野幸治、フットボールアワー・後藤輝基と3人でバスに乗り込んだ後、東野が体を張った芸で笑いを取る横で渡部はおとなしくしているだけだった、と報じていました。しかし、今回明らかになったA4用紙5枚ほどの台本には、後藤と東野が映画『バック・トゥ・ザフューチャー』のマーティ(主演の若者)とドク(老人の博士)に扮して、渡部を徹底的にイジり倒す一部始終がぎっしり。渡部のセリフもかなり多かったことがわかった」(テレビ誌ライター)

 2020年、渡部の出演がスクープされた際にはダウンタウン・松本人志が大激怒。日テレを疑い、今年の放送を拒否するかのような文面のツイートをしていたほど。

 松本といえば、かつてスタッフの不義理が原因で人気番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)を終了させたこともある。

 しかし、今回はここまで松本はこの話題をスルー。その事情をバラエティ番組スタッフがこう推測する。

「2020年の出演情報漏洩は、渡部の妻である佐々木希が所属するトップコートから流れたものと日テレは確信しているようですが、同社に所属する杏主演のドラマ『花咲舞が黙ってない3』が内定していることから飲み込むしかなかった。しかし、今回の台本流出については、実は早くからリーク犯の目星がついていたようです。というのも、松本に叱られたかで、番組を離れたスタッフが数名おり、彼らいずれかの腹いせだったのではと見ているんです。松本もそれがわかっているから、事を荒立てようとしなかったのでは。台本は本物のようですが、現場では演者は流れをつかむために一読する程度で、台本どおりのセリフになることはほぼありませんから、大した問題でもありませんしね」

 どうやら、日テレは「アウト」を免れたようだ。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/03/24 20:00

松本人志が『笑ってはいけない』台本流出報道で日テレを咎めなかったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真