日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 渡部建『笑ってはいけない』陰謀論

渡部建『笑ってはいけない』出演シーン詳細がダダ漏れ 日テレ「反ガキ使勢力」のリーク説も浮上

文=日刊サイゾー

渡部建『笑ってはいけない』出演シーン詳細がダダ漏れ 日テレ「反ガキ使勢力」のリーク説も浮上の画像1
ダウンタウン

 アンジャッシュの渡部建が収録に参加したという、日本テレビ系の大晦日の特番『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』。渡部のグダグダな謝罪会見の影響もあり、出演シーンのお蔵入りが濃厚だといわれている。

 そんななか、12月17日発売の「女性セブン」(小学館)では、渡部出演シーンの詳細が報じられた。その内容はガキ使メンバーたちが乗っているバスに、東野幸治とフットボールアワー後藤輝基とともに乗車してくるというものだ。

「お蔵入りが濃厚だと言われるシーンの内容がこんなにダダ漏れするのは、異例。しかも、『笑ってはいけない』は毎年秘密裏に収録していて、本当に近い人間でないと情報を得ることができません。内部リークでないとありえない報道です。日本テレビ関係者、もしくは出演者の事務所関係者からのリークでしょう」(テレビ局関係者)

 渡部の復帰については、日本テレビ局内でも賛否両論あったという。

「渡部は日テレの『行列のできる法律相談所』のレギュラーであり、ここで復帰する可能性も模索されていたといいます。ただ、やはり世間からのバッシングが多く、反対するスタッフも多かった。一説によると、日本テレビ上層部の一部が渡部を日テレで復帰させることに猛反発していたともいわれています。どうにかして、渡部の日テレでの復帰を阻止させるため、情報を事前にリークし、世間のバッシングを誘導したという可能性もゼロではないでしょう」(制作会社関係者)

 さらに、日テレ内では渡部ではなく、『笑ってはいけない』に対する反発もあるといわれている。

「大晦日の特番といえば、テレビ局にとっては“看板”と呼ぶべき枠ですよ。『笑ってはいけない』は確かに人気があるコンテンツではあるものの、芸人にケツバットをする番組を日テレの看板にするのはどうなのかという意見が、以前からあるようです。日本テレビは“業界トップ”という矜持を持っていて、だからこそ“もっと上品な番組を大晦日に放送すべきだ”という保守的な意見を持つ幹部も少なくない。今回の“渡部リーク”の裏側には、日テレ内部の“反ガキ使勢力”が動いていた結果なのではないかという見方もあります」(同)

 本当に、そういった日テレ内部の事情が絡んでいるかどうかはわからないが、もしも日テレが渡部の復帰に対して最大限に協力していたならば、今のような状況にはなっていなかったはず。身から出た錆とはいえ、渡部も振り回されてしまったのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/19 12:00

渡部建『笑ってはいけない』出演シーン詳細がダダ漏れ 日テレ「反ガキ使勢力」のリーク説も浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

小岩が「夜ふかし」の悪イメージから生まれ変わる!?

 東京都江戸川区に位置する小岩は、今でも下町風...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真