日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 松本人志『笑っては』終了宣言の原因は?

松本人志、『笑ってはいけない』終了宣言の原因は「老化」じゃない?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

松本人志、『笑ってはいけない』終了宣言の原因は「老化」じゃない? の画像1
写真/GettyImagesより

 いよいよ世代交代か?

 ダウンタウン松本人志が1月5日にツイッターを更新。「歳をとる事が罪ですか?」と投稿したことが話題を呼んでいる。

 松本が反応したのは、2020年末に放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』におけるダウンタウンの「老化」を指摘する一部ネット記事に対してだという。

「記事では番組のゲーム企画でダウンタウンの2人が運動機能の低下を露呈していたと指摘。もはやプレイヤー側でいることは難しいとの辛らつな論調でした。同番組は視聴率17.6%を記録し、11年連続でNHK紅白歌合戦の民放1位をキープしていますが、なんと松本は『今年はやらないので勘弁して下さい』と番組終了を示唆。そのため、ファンからは『歳は重ねるもの』『今年も見たい』とエールが贈られています」(芸能記者)

 テレビ関係者は「番組終了は現実味がある」と言ってこう続ける。

「今回、アンジャッシュ・渡部建の出演が外部に漏れたことで、『こんなずさんなことあるかい!』と松本の怒りが大噴火。制作会社や日テレ局員まで犯人捜しを行ったほど。『信頼関係がなくなった』と、一時は放送見送り寸前まで発展していたようですから、実は『来年はやらない』という可能性はかなり高いと思いますよ。また、『笑ってはいけない』は『行列のできる法律相談所』のチームが手掛けていて、番組ファミリーだった渡部を謝罪前に収録に参加させたことで、世間から猛批判を食らったことも大きい。後釜番組には同じような系統で制作費がより安上がりの『有吉の壁』が有力視されています」

 松本のモチベーションの低下が、原因だったのかもしれない。

最終更新:2021/01/09 19:00

松本人志、『笑ってはいけない』終了宣言の原因は「老化」じゃない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真