日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > インスタントジョンソン・じゃいが「6410万馬券」的中

インスタントジョンソン・じゃいが「6410万馬券」的中でもメディアが扱いにくいワケ

文=日刊サイゾー

インスタントジョンソン・じゃいが「6410万馬券」的中でもメディアが扱いにくいワケの画像1
インスタントジョンソン・じゃい 公式YouTubeチャンネルより

 競馬ファンを驚かせているのが、お笑いトリオ・インスタントジョンソンのじゃい。3月16日に投稿した自身のYouTubeチャンネルで、なんと競馬で6410万6465円を的中させたことを明かしたのだ。

「じゃいは2020年12月15日に川崎競馬のトリプル馬単を購入。対象の10レースが的中したあと、残りの対象となる11レース、12レースが始まる前からカメラを回した動画をアップしています。11レース、12レースもみごと的中させると、払い戻し金額を知って、『うわーうわーうわー!マジか、マジか』と大興奮の様子でした。これまで芸能人高配当ランキング、1位(4432万9120円)、2位(3775万2700円)の記録も持っていましたが、1位が更新されて3位までを独占することに。じゃいはこれまでギャンブルで1億円以上を稼ぎ出し、自宅を購入したという伝説もあるだけに、もはや芸人のほうが副業に見えます」(週刊誌記者)

 4位・小藪千豊(872万円)、5位・徳光和夫(800万円)、6位・爆笑問題・田中裕二(797万円)と後続を大きく引き離しているだけに、競馬を扱うメディアから引っ張りだこになりそうだが、競馬ライターはこう苦笑する。

「じゃいは『稼ぐギャンブル』という本を出版してもいますが、その馬券術は読者にはあまりオススメできるものではないんですよ。というのも、WIN5を的中させた時も100万円ぐらい購入しているので、読者がマネしようにもできない。また、趣味ではなくビジネスで競馬をしていることを公言している彼は、『当てる』のではなく、『儲ける』ために予想するスタイル。旨味のないレースや自信のないレースにはけっして手を出さないため、テレビの予想番組でも使いにくい。結果、的中秘話や大負け話など、単発で武勇伝を聞くくらいしか取り上げようがないんですよね」

 芸能界ナンバーワンギャンブラーなのに、なかなか仕事に繋がらないとは皮肉なものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/06/29 21:05

インスタントジョンソン・じゃいが「6410万馬券」的中でもメディアが扱いにくいワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真