日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 千葉県知事選大敗で自民に走る衝撃

二階氏「別にショックは受けてない」強がりも…千葉県知事選大敗で、自民党を駆け巡る動揺…熊谷新党の可能性が浮上

文=見附太郎(みつけ・たろう)

千葉県知事選大敗で自民に走る衝撃 熊谷新党の可能性が浮上の画像1
熊谷俊人 公式サイトより

 3月21日投開票の千葉県知事選は前千葉市長の熊谷俊人が140万9496票を獲得。一方、自民党推薦の前県議の関政幸氏は38万4723票に終わり、4倍近い票差をつけられ惨敗した。自民党千葉県連は選挙前の世論調査などで、2倍差で引き離れていることを事前に把握していた。敗北は織り込み済みだったが、「まさか100万票以上の票差をつけられ、自民党が強い県南部の全市町村でも敗北するとは」(千葉県選出自民党代議士秘書)と今回の敗北は予想をはるかに上回った。自民党県連会長の渡辺博道元復興相は辞意を表明した。

 熊谷氏が人口約628万の大票田、千葉市長を3期務め、知名度が抜群だったこともあるが、今回の惨敗の主要因には候補者をぎりぎりまで決めることができなかった自民党の迷走ぶりがある。

 菅義偉首相とは国会議員時代からの盟友で、事あるごとに携帯電話で連絡を取り合う仲だった与党寄りの森田健作知事(3期)の後任には当初、鈴木大地前スポーツ庁長官の名前が上がっていた。

 鈴木氏本人も乗り気だったが、それに待ったをかけたのが、鈴木氏の「後見人」を自称する、女性蔑視の舌禍事件で今年2月に東京五輪組織委員会会長を辞任した森喜朗元首相だった。森氏は自民党千葉県連が一枚岩でまとまらず、同じ党内の石井準一参院議員(元浜田幸一=ハマコー=秘書、参院自民党幹事長代理)が県連幹部の方針に反対し、鈴木氏の立候補に異論を唱え、千葉市長の熊谷氏を支持していることなどを問題視した。森氏は「泥沼の知事選に鈴木が放り込まれ、初代スポーツ庁長官の経歴に傷がつくことを恐れた」(自民党千葉県連関係者)という。

 こうした経緯を考えれば、最初から負け戦になると分かっていた知事選に、自民党の面子のためだけに候補として担がれた関は気の毒と言う他はない。

 22日に行われた会見で、自民党の二階俊博幹事長は「別にショックを受けているわけではない」と平静を装ったが、自民推薦の前県議の大内理加が、4選を目指す無所属現職の吉村美栄子に大敗(得票率は3割弱)した1月の山形知事選を上回る今回の惨敗ぶりに、党内には少なからずの動揺が走った。

12

二階氏「別にショックは受けてない」強がりも…千葉県知事選大敗で、自民党を駆け巡る動揺…熊谷新党の可能性が浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真