日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > みちょぱ&朝日奈央が対決?

バラエティー女王、みちょぱ&朝日奈央が「コメンテーター」対決 伏兵は井上咲楽か?

文=木村之男

バラエティー女王、みちょぱ&朝日奈央が「コメンテーター」対決 伏兵は井上咲楽か?の画像1
池田美優

 民放各局のワイドショーが大きくリニューアルした4月の改編。麒麟川島がMCの『ラヴィット!』(TBS系)や谷原章介&永島優美アナがMCの『めざまし8』(フジテレビ系)といった新番組に注目が集まる一方、各番組のコメンテーターの若返りも目立っている。

「『スッキリ』(日本テレビ系)では、みちょぱこと池田美優が木曜日のコメンテーターに起用され、『ひるおび!』(TBS系)では朝日奈央が水曜日午前の部のコメンテーターになりました。現在のバラエティ界を牽引する2人が、ワイドショーに進出した形です」(テレビ局関係者)

 みちょぱも朝日も、バラエティでは決して“知的キャラ”ではなく、時事ネタに触れる機会もほとんどない。そんな2人をワイドショーのコメンテーターに起用して大丈夫なのだろうか。

「制作サイドとしては、若い世代の意見を発信したいという狙いが大きい。最近は、世帯視聴率ではなく年代別の視聴率を重視する傾向にあり、できるだけ若い視聴者にアピールできるキャスティングが求められていますからね。ただ、2人ともバラエティのときのように持ち味を存分に発揮できない可能性も高く、そこはやや心配です」(同)

 特に自身のキャラクターを発揮できなさそうなのが朝日のほうだ。

「『スッキリ』は加藤浩次がMCなので、みちょぱもある程度バラエティのノリを出せると思います。でも、『ひるおび!』に関しては、バラエティのノリは皆無。恵俊彰は本来芸人であるはずなのに、ふざけたノリにまったく乗ってきません。正直、朝日は結構苦戦を強いられることとなりそうです」(同)

 一方、フジテレビ系『めざまし8』は、木曜日のレギュラーコメンテーターに井上咲楽を起用している。

「みちょぱと朝日は、すでにバラエティではしっかり結果を残していて、“次なるステップ”を見据えた上でのワイドショー進出といえますが、井上は、いままさにバラエティで上り調子で、フレッシュな存在。バラエティタレントとしてのイメージが定着する前に、先手を打ってワイドショーで知的キャラを育てていこうという思惑も見える。ホリプロの先輩である小島瑠璃子のような立ち位置を目指しているのでしょう。みちょぱや朝日とは違い、発展途上であるがゆえに自由な立ち居振る舞いもできるので、井上こそがコメンテーターとして勝ち組になる可能性も高そうです」(同)

 ワイドショーを舞台にした、バラエティー女王たちの戦いはまだ始まったばかり。果たして、生き残るのは誰か?

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2021/04/06 08:00

バラエティー女王、みちょぱ&朝日奈央が「コメンテーター」対決 伏兵は井上咲楽か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

『農家の嫁』フミカ&いまおか監督インタビュー

 監督デビュー25周年記念作『れいこいるか』(2020年)が、「映画芸術」202...
写真