日刊サイゾー トップ > エンタメ  > TBS、夏目アナを“リストラ”できなくなった大人の事情

新婚の夏目アナをますますTBSが“リストラ”できなくなった大人の事情

新婚の夏目アナをますますTBSがリストラできなくなった大人の事情の画像1
写真/GettyImagesより

 今月1日にお笑いタレントの有吉弘行と電撃結婚したフリーアナウンサーの夏目三久が4日、日本テレビ系『真相報道 バンキシャ!』に出演。2日に発表してから生番組に登場するのは初めてとなり、結婚を生報告した。

 夏目アナは、この日からコンビを組むことになった同局時代の先輩である桝太一アナから結婚についてふられると、「ありがとうございます、すいません、桝さんの船出の日に」と恐縮。続けて、「すてきな夫婦になれるように頑張ってまいります」と笑みを浮かべたが、この報告に関して冷ややかな声が飛んでいる。

「古巣の日テレに気を使ったかもしれないが、普通、帯番組を持っているうちの局の『あさチャン!』で報告すべきでは。もともと、視聴率が低迷しているが、結婚報告の翌日の放送となれば注目を浴び、視聴率も上がったはず」(TBS関係者)

 現在、夏目アナのレギュラーは、週1回の『バンキシャ!』、週1回で深夜のテレビ朝日系『アニマルエレジー』、そして平日朝の帯番組『あさチャン!』。放送回数などから比較すれば、当然『あさチャン!』のギャラが一番高額なはず。

 さらに、夏目アナは一昨年の『あさチャン!』の忘年会で、低視聴率が自分の責任であることを謝罪し涙を浮かべていたというから、自身のニュースで少しでも視聴率アップに貢献すべきだったはずだ。

「以前から何度か“リストラ”の話が出ていたが、結局、断行することはできなかった。そんな中の電撃結婚発表で、ますますクビを切りづらくなってしまった」(同)

 とはいうものの、夏目アナの結婚発表前の時点で、すでにTBSは夏目アナを“リストラ”しづらい状況に追い込まれてしまっていたという。

「TBSは夏目アナの所属事務所である田辺エージェンシー、そして、作詞家の秋元康とタッグを組んんだ女優発掘・育成プロジェクト『私が女優になる日_』が進行中。すでに、応募者約9000人から選ばれたプロジェクトメンバー10人が決定。これから3カ月に及ぶ熱い演技バトルを繰り広げ、その模様が番組として放送される。社運をかけて一大プロジェクトだけに、どんなことがあっても田辺の機嫌を損ねるわけにはいかない」(芸能記者)

 どうやら、まだしばらくは夏目アナの地位は安泰。公私ともに順風満帆なようだ。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/04/06 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed