日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > キンプリ新曲MVが大不評のワケ

King & Prince、新曲MVが「ダサい」と大不評! プロの映像ディレクターも嘆く“ジャニーズセンス”という病

文=山本ロドリゲス久美子

King & Prince、新曲MVが「ダサい」と大不評! プロの映像ディレクターも嘆くジャニーズセンスという病の画像1
ユニバーサルミュージックKing&Prince新曲特設サイトより

 King & Princeが5月9日にリリースする新曲「Beating Hearts」のMVを公開した。前編フルCGで構成された今作は、60台以上のカメラが被写体を360度取り囲んで撮影する「ボリュメトリックキャプチャ技術」を採用したといい、いつにも増して凝った作りになっているようだ。

 しかし、MVを見たファンからは賛否が飛び交っている。ネット上では「キンプリのダンスは最高!」「やっぱり顔がいい」と絶賛する声がある一方で、「ダサすぎて泣ける」「MV本当にこれなの? まじなの?」「背景含めて全部ダサいwww」「見てると酔う」と不評が噴出。一時は、ツイッターの検索欄に「MV」と打つとサジェストに「ダサい」と出てきてしまう事態に。

 これに対して、大手レコード会社のスタッフは「ジャニーズのMVがダサいのはデフォルトですから」と笑う。

「ジャニーズは昔からMVにお金をかけない傾向にあります。その理由の一つに“基本的に顔面のアップが多いから凝った絵作りをしても無駄”というのもありますね。あと、昔ジャニーズのスタッフに聞いた話だと、カッコイイ絵コンテを準備するとジャニーさんやメリーさんにダメ出しを食らうっていうんですよ。曰く、『ファンは若年層がメインだから凝ったことをしても伝わらない』と言われたんだとか。でもそれってファンをバカにしていると思う。この10年でK-POPが市場を席巻した影響もあり、ローティーンのリスナーたちだって目も耳も相当肥えてるわけだし、“子ども向けに作る”みたいな感覚は捨てないといけない。キンプリはこれまでのジャニーズの悪しきセンスを受け継いでしまってる感じがしますね」

 60台以上のカメラを使ったというのだから、ある程度制作費はかかっていそうだが、“ジャニーズセンス”の呪いからは抜け出せていないということか。さらに、映像製作会社のディレクターS氏にMVを見てもらい、“ダサさ”の原因を具体的に解明してもらった。

12

King & Prince、新曲MVが「ダサい」と大不評! プロの映像ディレクターも嘆く“ジャニーズセンス”という病のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真