日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 櫻井翔は不要、劣化版コナン…

櫻井翔は不要、劣化版コナン… 『ネメシス』は『ラヴィット』より低視聴率でも不思議じゃない?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

櫻井翔は不要、劣化版コナン… 『ネメシス』は『ラヴィット』より低視聴率でも不思議じゃない?の画像1
日本テレビ『ネメシス』公式サイトより

 キャストが豪華すぎて、脚本家も使いこなせなかったのか?

 4月18日に放送された広瀬すずと嵐・櫻井翔のW主演ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)第2話の平均視聴率が9.5%を記録。この2人のほかにも江口洋介、仲村トオル、勝地涼など豪華キャストが起用され注目を浴びていたが、初回の11.4%から、早くもシングル転落となった。

「同作は、櫻井演じるポンコツ探偵・風真尚希と広瀬演じる天才すぎる助手・美神アンナの凸凹バディが、超難解な事件を次々と解決していくミステリーという触れ込みでした。しかし、コメディにもサスペンスにも振り切れておらず、トリックも低レベルで簡単。肩透かしを食らった視聴者も多かったようで、SNSでは『視聴率が「ラヴィット!」を下回っても不思議じゃない』『視聴者を舐めてるのか⁉』『豪華なキャストの壮絶な無駄使い』と辛らつな感想のオンパレードとなっています」(テレビ誌ライター)

 とりわけ、批判が集まっているのが謎解きのシーンだ。

「アンナが裏から推理を伝え、風間がそれを読み上げていくのですが、これは『名探偵コナン』で、コナンが小五郎を眠らせて事件を解決していくのと同じ手法。しかし、アンナが隠れていなければならない理由はなく、堂々と自分で推理を披露すればいいだけの話。何でなにもしない風間に花を持たせないといけないのか、意味不明です。江口と櫻井の立ち位置もかぶっているのもいただけない。日テレとしては近い将来、櫻井を同局の報道の顔にしたい思惑があり、絶対にヒットさせるべく豪華キャストを揃えた。しかし、結果的に櫻井が最も不要なキャストになってしまっている。これなら広瀬の単独主演で良かったのでは」(前出・テレビ誌ライター)

 “劣化版コナン”と評されていしまっている『ネメシス』。第3話に広瀬との共演が話題となっている橋本環奈が配置されているのも、2話での急降下がわかっていたから?

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/04/21 20:00

櫻井翔は不要、劣化版コナン… 『ネメシス』は『ラヴィット』より低視聴率でも不思議じゃない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

ラッセル・クロウ主演の恐怖映画『アオラレ』

 ついクラクションを鳴らしたことから、悲劇は...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

 しずるとライスとサルゴリラの同期芸人たちがユニットを組んで新たに「メトロンズ」とし...
写真