日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 竹内涼真、「爽やかイメージ嫌い」に失笑の声!

竹内涼真、「爽やかイメージ嫌い」に失笑の声! 「世間わかってない」「好青年のイメージない」

公式Instagramより

 4月21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の竹内涼真がゲスト出演。自身の世間からのイメージについて言及する場面があり、話題を呼んでいる。

 竹内はハリセンボン・箕輪はるかから「世間のイメージが固定されてきてるんじゃないかなと思って。実はそんなことないんだよって思っている部分とかギャップとかがあって悩んだりしてるのか」という質問を受けると、「なるほど……」と考える顔をし「基本的に寂しがり屋ですね」「1人でご飯食べに行くのとかも好きじゃない」と告白。共演陣が驚くなか、竹内は自らが「つるっとしてる役」を演じることが多いとしながら「ほんとは下ネタもガンガン言いたいし」ときっぱり。続けて「でも言えないじゃないですか。僕はわりと田舎のほうでずっと……24くらいまで実家にいて。で、ずっと20歳までサッカーしてたじゃないですか。体育会系なんですよ。そんな爽やかでまとめられるわけがない!」と素の一面について明かしたのだった。

 竹内が「いつ僕がそれを解禁できるのか、自分でも楽しみにしてます」と話すなか、国分太一が「今日イチの下ネタ、一回言ってみたら?」とアドバイス。竹内はこれを受け「インスタやってるじゃないですか。インスタの僕の関連画像なんて、おっぱいしか出てこないですからね。筋肉、おっぱい、スポーツカーか、みたいな」と精いっぱいの下ネタを披露し、松岡昌宏から「竹内おっぱい涼真?」と呼ばれると「そうです!」と即答していたのだった。

 この放送を受け、ネットでは竹内が自らを「爽やか」なイメージがあると認識していることや「下ネタもガンガン言いたい」と発言したことについて違和感を感じるという声が続出。「おいおい自分が載ったフライデーみてないんか」「世間のイメージわかってなさすぎて怖い」「好青年のイメージないよね」「今の彼女とのことを想像しちゃうからやめとけ!」といった声が寄せられていた。

「竹内さんといえば2020年5月28日配信の『FRIDAYデジタル』で、モデルの三吉彩花さんとの熱愛、および前恋人の吉谷彩子さんとの破局の詳細などが報じられると、“二股→乗り換え”の経緯や吉谷さんとの情け容赦ない別れ方に幻滅するファンが続出し、好感度が急落してしまった印象があります。そういった“戦歴”があるのにもかかわらず、自らをいまだに爽やかなイメージがあると捉えている強心臓ぶりに驚いた人が多かったようです。とはいえ下ネタ発言に関しては、現状を打破するための前向きな意思の現れなのでは」(芸能事務所スタッフ)

 かつての人気を取り戻すには、思い切った“キャラ変”をして勝負をかけていくしかないのかも!?

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/04/24 09:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真