日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会  > 「ブーマーvsミレニアルズ」を笑いに変えたバルガッツィの最新作
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【17】

日本だけじゃない!? アメリカでも起こる世代間闘争「ブーマーvsミレニアルズ」を笑いに変えたネイト・バルガッツィの最新作

文=Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

アメリカでも流行する“老害は黙ってろ”

 19年ごろから「OK Boomer」ということばが流行した。これはブーマー世代の説教や「最近の若者は……」のような発言に対し、それらをあしらい、受けながす際に用いる表現で、「はいはい」「老害は黙っといて」というニュアンスでTikTokなどのSNSを中心にミレニアルズやティーンの間で広まった。

 世代間の経済格差も問題となっている。現在アメリカでは全体の富の50%以上をブーマー世代が独占しているのに対し、主力労働人口のミレニアル世代はわずか5%未満しか有していないと言われている。「ブーマー世代のツケを若い世代が払わされている」という意識を持つミレニアル世代も多くいる。

 そしてコロナ禍で両者の溝はより深まりを見せる。街に出歩きお祭り騒ぎをする若者の映像がニュースに映し出されるたびに、「これだから感染が収まらないんだ」と眉をひそめるブーマー世代。

 一方で、新型コロナのワクチンはブーマー世代から接種され、彼らの一部はレストランやバー、リゾートにも繰り出しているのに対し、若い世代にはまわってこず、「年寄りのせいで俺たちが割りを食っているんだ」という若者の不満が実際、連日ニュースでも報道されている。

 人種や宗教といった「分断」を癒すと宣言したバイデン政権にとって、「世代間の分断」も大きな壁として立ちはだかる。

 会場の隣の席の人だって「世代」も「考え」も違うに違いない。それでもひとつのジョークに一緒に笑えれば、その瞬間「分断」は消えて無くなると信じている。何色にも染まらない「きわめて平均的なアメリカ人」で且つ「はざまの世代」にいるネイト・バルガッツィだからこそ、笑いを通してアメリカを、そして世界を変えられるかもしれない。

<ネイト・バルガッツィ>
1979年テネシー州生まれ。ニューヨークでスタンダップコメディアンとしてのキャリアをスタートさせ、これまでネットフリックスのスペシャルに3本出演したほか、ジミー・ファロンともツアーを行うなど精力的に活動。全米でヘッドライナーとして公演を行う実力派コメディアン。

<Great Average American>
ネイト・バルガッツィの2年ぶりとなるスペシャル。ハリウッドのユニバーサルスタジオ屋外ステージでの収録。子育てや友人関係、結婚生活など生活に根ざしたエピソードで展開される1時間。共感を呼ぶ内容で、批評家たちからも高評価を得た。

Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

米シカゴを拠点に活動するスタンダップコメディアン。年間300本以上のステージに立ち、米以外でもこれまで10カ国以上で公演をしており、2018年にはワールドツアーを敢行。各国で開催されるフェスにもヘッドライナーとして多数出演。日本ではフジロックやビルボードに出演。

Instagram:@saku_yanagawa

【Saku YanagawaのYouTubeチャンネル】

最終更新:2021/04/27 18:00
12

日本だけじゃない!? アメリカでも起こる世代間闘争「ブーマーvsミレニアルズ」を笑いに変えたネイト・バルガッツィの最新作のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

氷室京介を独自に更新した DEATHRO

 ライブハウスのみならず、公園、レストラン、バー、市民会館、うどん屋、ダムなどをスタ...
写真