日刊サイゾー トップ > 芸能  > 海を渡った第7世代 Saku Yanagawaの闘い
『Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!』発売記念インタビュー

“傷つけない笑い”に立ち向かう海を渡った第7世代―スタンダップコメディアン Saku Yanagawaの闘いとは

文=武松佑季(たけまつ・ゆうき)

傷つけない笑いに立ち向かう海を渡った第7世代―スタンダップコメディアン Saku Yanagawaの闘いとはの画像1
写真/石田寛

 “スタンダップコメディ”をご存知だろうか。

 コメディアンがひとりでステージに立ち、話芸ひとつでオーディエンスを爆笑させる、アメリカのメジャー芸能だ。時に際どいジョークも織り交ぜるのが特徴で、最近では映画『ジョーカー』(2019年公開)の主人公、アーサー・フレックがスタンダップコメディアンを目指していたという設定なので、どんなものかをイメージできる人も多いはず。

 本サイトで「スタンダップコメディの作品を通して見えてくるアメリカの社会」を連載するSaku Yanagawaは、本場アメリカで今注目を集める日本人スタンダップコメディアンだ。

 学生時代に単身渡米し、夢に向かって現地で邁進する28歳の彼が、「スタンダップはアメリカでは人々の生活の一部になっているけど、日本人にとってはなじみが薄い芸能で、まだ体系化された現代の入門書がない」という理由で執筆したのが今年3月に発売された『Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!』(産業編集センター刊)。

 彼は、スタンダップコメディを通して世界と社会をどう見ているのか。そして、価値観のアップデートが求められる現代と、人はどう向き合うべきなのか、本書ではそれらシリアスな問題も、スタンダップコメディ目線で語り尽くされている。

話芸で観客を“殴り殺す”――。その真剣勝負こそスタンダップコメディ

傷つけない笑いに立ち向かう海を渡った第7世代―スタンダップコメディアン Saku Yanagawaの闘いとはの画像2

「爆笑の中、スポットライトの下にいるのは僕ひとり。サーモグラフィで見たら、背筋だけ赤くなっているような高揚感があるんです。もう普通の生活には戻れませんよ」

 ステージ上で、自らのジョークが“ウケた”時の感覚をそう表現するSaku。ひとり暮らしのアパートでふと目に入ったバラエティ番組。そこでアメリカで活動する日本人スタンダップコメディの姿を見て、翌日にはチケットを持たずに空港へ行き、18時間かけてニューヨークへ飛んだ。「これや!」と思った。年齢は20歳。在籍していた大阪大学では授業真っただ中の時期だったが、奮い立つ気持ちの前にそんなものは問題にならなかった。

「何のコネもない状態から飛び入りでニューヨークのコメディクラブ(スタンダップコメディアンの専用劇場)をまわり、たまたま舞台に立たせてもらった瞬間から僕はスタンダップコメディに恋をしたんだと思います」

 恋は盲目というけれど、ここまでガムシャラに行動を起こせる人間は多くない。本書では、スタンダップコメディアンとしてキャリアを積むために、その後の学生生活や卒業後の行動について詳しく記述されているが、そのあまりの行動力にはただただ驚かされるばかり。スタンダップコメディの何が彼をそこまで駆り立てるのか。

「アメリカのスタンダップコメディって、観客との対峙なんです。英語で『オチ』を“Punch”、『ウケる』ことを“Kill”や“Destroy”と言います。言葉は悪いかもしれないけど、観客を話芸で殴って殺すくらいの覚悟でコメディアンは舞台に上がっている。だからウケれば惜しみない賛辞をもらえるし、その戦いに負けたら有名人でも容赦ないブーイングを浴びる。その観客とコメディアンの間に存在する張り詰めた空間がとてもフェアで、人生をかける価値のあるものだと僕は思ったんです」

 スタンダップコメディを日本に浸透させるのは僕の使命――と豪語する。

 その活動の一環として上梓されたのが本書というわけだ。「スタンダップコメディとは?」「スタンダップコメディアン、Saku Yanagawaとは?」「スタンダップコメディアン、仕事の流儀」「スタンダップコメディアン最前線」「ポストコロナのコメディ」「今後の展望と夢」の6つのキャプチャー(章)で構成されており、Sakuのスタンダップ奮闘劇とともに、スタンダップコメディのイロハとシーンの現状も学ぶことのできる一冊となっている。

12

“傷つけない笑い”に立ち向かう海を渡った第7世代―スタンダップコメディアン Saku Yanagawaの闘いとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真