日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 井岡一翔の大麻使用疑惑発覚で浮き彫りに

井岡一翔の大麻使用疑惑発覚で浮き彫りになった日本ボクシング界の“問題点”

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

井岡一翔の大麻使用疑惑発覚で浮き彫りになった日本ボクシング界の問題点の画像1
井岡一翔 公式サイトより

 日本ボクシングコミッション(JBC)は27日、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔が昨年12月に行った防衛戦のドーピング検査で、大麻成分などが検出されたとする報道に関しての見解を発表した。

 そもそもこの件は、26日にニュースサイト「デイリー新潮」など複数のメディアが報じたことによって発覚。これまでの報道をまとめると、昨年大みそかに行われた田中恒成との一戦の簡易検査で井岡の尿検体からマリフアナなどの成分が検出、さらに正式な検査でも陽性を示したという。

 検査では通常、採取した検体は2つに分けられ、最初の検体(A)で禁止薬物の陽性反応が出た場合、改めて残りの検体(B)での再検査となるが、その前に警察に情報が伝わり、JBCが保管していた検体はそっくりそのまま警察に渡されたしまったという。

 記事に対して、井岡の代理人弁護士は26日、「違法薬物や不正薬物を摂取したことは一切ない」と反論。 JBCから井岡サイドに対して、ドーピングの検査結果についての連絡はないため、検査結果の内容を確認することができてないことを主張していた。

 そして、27日にJBCの対応が注目されたが、「現在、倫理委員会にて調査、審議を行っております」と文書で発表。同委員会の審議に影響を及ぼすことを避けるために、現時点ではこれ以上の発表は差し控えるとし、結論が出た場合には速やかに報告するというのだが……。

「そもそも、お役所気質が強いのか、JBCはやややこしいことに巻き込まれたくなかったので検体をそっくり警察に渡してしまったようだ。かねてより、使途不明金が指摘されたり、トラブルが起こった際、降り掛かる“火の粉”は避けようとするなど、運営がずさんといわれても仕方がない。今回の一件でそのことがまた浮き彫りになってしまったので、井岡サイドに対しても納得の行く説明ができていない。おそらく、倫理委員会も『証拠がない』とこのままうやむやにするものと見られています」(ボクシング担当記者)

 ただ、世界4階級制覇という日本のボクシング史上に残る偉業を達成した井岡だが、今回の問題の背景には別の問題もあったというのだ。

「大みそかの試合では、タトゥーを隠さずにリングにあがり賛否両論巻き起こった井岡だが、そもそもこれをJBCが放置してしまったのが原因。現在、日本のボクシング界はこれまで数々の世界王者を輩出した帝拳ジムが牛耳っているが、井岡はかつて大人気だった亀田兄弟と同じように数少ない“反・帝拳”の立場で大小さまざまな不利益を受けている。もし井岡が帝拳の息のかかったボクサーだったら、こうはならなかったでしょう」(格闘技ライター)

 日本のボクシング界は、あまりにも改善すべき体制に置かれてしまっていたようだ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/04/29 21:00

井岡一翔の大麻使用疑惑発覚で浮き彫りになった日本ボクシング界の“問題点”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真