日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > チョコプラのパクリ疑惑に吉本は?

チョコプラのYouTubeパクリ疑惑 「オモコロ」の切り返しと吉本の炎上対応を考える

文=岩見司(いわみ・つかさ)

オモコロ側のコメント『ドクター・ドリトル2』の意味とは?

 動画終盤、坂上(松尾)が「一旦ここでオモコロさんに、勘違いさせてすみませんっていうのだけ言っておいたらいいのかもしれない。(略)ゴチャゴチャ言ってくるゴミみたいなやつがいるわけでしょう?」と発言すると、長田は「僕はそんな、言ってないですけど。ゴミみたいなとは、あんまり良くないと思いますけど」とフォロー。さらに坂上(松尾)は「そんな言ってくるやつなんか、人として大したことないやつなんだからさぁ」と言い募り、横澤と長田の2人から諌められていた。

 最後に長田はあらためて「紛らわしい企画で世間をざわつかせてしまったことは申し訳ないなと思っています。それは申し訳ございませんでした。ただそういうつもりはなかったです、パクリというのはないです」と釈明と謝罪を述べた。

 松尾が披露した『バイキング』MC時の坂上忍モノマネはしゃべり方や立ち居振る舞い、話が脱線していく様子まで含めて完成度が高く、モノマネコントとしてクオリティは抜群だった。

 だが公開後から、ネットでは「オモコロファン=ごちゃごちゃ言ってくるゴミってこと?」「ナイーブな話をするのに全編ふざけてるってどうなんだ」「『誰でも思いつく』は言い過ぎ」など、批判の声が続出。

「オモコロもチョコプラも好きだから、これを機にコラボしてほしい」と希望的観測を語るファンもいるが、大半は「バカにされた」と感じている様子がうかがえる。

 チョコプラとしては、疑惑に言及するにしてもただ謝罪と釈明をするだけでは面白くないから、ネタを交えて『バイキング』風に仕立てたのだろう。ただし、名前を出して言及するならば、事前に「オモコロ」側に話を通しておくのが筋だ。「J-CASTニュース」から本件について取材を申し込まれた「オモコロ」は「『ドクター・ドリトル2』」とだけ回答している

 あえて推察するならば、ここでいう『ドクター・ドリトル2』は01年に公開された映画『ドクター・ドリトル2』ではなく、昨年公開されたリメイク版『ドクター・ドリトル』を指し示しているのかもしれない。

 同作は第41回ゴールデンラズベリー賞において「最低リメイク・パクり・続編賞」を受賞している。それに掛けたほのめかしと解釈できなくもない。コメントの真意はつかめないが、いずせにせよ事前の根回しがなかったがゆえの回答だと考えるのは牽強付会ではないはずだ。チョコプラ及びそれをマネジメントする吉本興業側が、なんの地ならしもなくこの動画を公開したのだとしたら、危機管理が甘いというほかないだろう。

 企画力の高さで評価を得てきたチョコプラチャンネルにとって、この一連の出来事が大きな傷になることは確かだ。

 チョコプラに限らず、これほど多くの芸人がYouTubeで活動するようになった今、他業種との企画の重複やパクリ疑惑は今後どんどん増えていくだろう。好き勝手にやれるのがYouTubeの魅力のひとつではあるが、問題が起こったときも野放しにしていたのでは事務所側の責任を問われることになってしまう。今回の件は、芸人YouTubeチャンネルのあり方を問うひとつの試金石になりそうだ。

岩見司(いわみ・つかさ)

岩見司(いわみ・つかさ)

ライター。芸能を中心にポピュラーカルチャー関連記事を執筆

最終更新:2021/04/30 12:00
12

チョコプラのYouTubeパクリ疑惑 「オモコロ」の切り返しと吉本の炎上対応を考えるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真