日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 吉本がエージェント契約芸人を切り捨てる

エージェント契約に切り替えた吉本芸人の仕事が減る理由 吉本は「歯向かっている」と認識か

文=田井じゅん(たい・じゅん)

エージェント契約に切り替えた吉本芸人の仕事が減る理由 吉本は「歯向かっている」と認識かの画像1
加藤浩次公式プロフィールより

 今年3月末で吉本興業とのエージェント契約が終了した極楽とんぼの加藤浩次が、4月22日放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演。エージェント契約終了時の様子を告白した。

 加藤によると、2月半ばに吉本興業の藤原寛副社長が加藤のもとを訪れ、「契約延長しないことになりました」と打ち明けたという。元々契約期間は1年間で、契約書には、双方の折り合いがつかない場合は契約を終了できるとの内容があり、加藤は「契約の通りだからなんの文句もないよ。円満ってわけじゃないのかも知れないけど」と話した。

「吉本としては、加藤だけでなくエージェント契約に切り替えた芸人については、“いつ切ってもいい”というスタンスになっているそうです。芸人たちも戦々恐々としています」(芸能事務所関係者)

 このエージェント契約は、吉本にとっては“面倒な部分”も多かったようだ。

「以前から、自分の趣味や人間関係で仕事を取ってきていた一部の芸人などは、より自由に動くためにエージェント契約にしています。元々そういう仕事はマネージャーが関与することがなかったのに、吉本にだけギャラの何割かが持っていかれていたわけで、芸人としては不満も多かったんですよね。それがエージェント契約の登場により、芸人たちは吉本に持っていかれない仕事が増えたという形です。

 一方、吉本としてはエージェント契約の芸人たちには勝手に仕事を取ってきていいとしながらも、吉本が窓口になった仕事のスケジュールを確保しなければならないという事情がある。吉本としては自分たちが預かり知らないところで芸人が動いているわけで、それをいちいち確認してスケジュールを調整しなければならないという手間が増えたわけです。

 それでいて吉本の取り分は減るわけですし、スケジュール調整の面倒さを考えるとデメリットが多い。そういった事情もあり、エージェント契約に切り替えた芸人に対しては、吉本経由の仕事がどんどん減っていくという展開もあったようです」(同)

 その結果、吉本側がエージェント契約芸人を切り捨てる流れができようとしているという。

「加藤浩次がかなりの売り上げを持っているのは事実ですが、加藤1人がいなくなったくらいで吉本にダメージはないということ。そう考えると、加藤より格下の芸人についても、まさに“いつ辞めてもらってもいい”という感じでしょう。そもそも、吉本的にはエージェント契約に切り替えた芸人は、その時点で“歯向かっている”という認識になっているようですからね。今後、吉本を退社するエージェント契約芸人は続出するでしょう」(同)

 一昨年の“加藤の乱”で立ち上がったエージェント契約。熟慮せずに飛びついてしまった芸人たちにとっては、試練が待っているかもしれない。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/04/27 13:00

エージェント契約に切り替えた吉本芸人の仕事が減る理由 吉本は「歯向かっている」と認識かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真