日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > IZ*ONE解散で宮脇咲良はAKB卒業か

IZ*ONE、有終の美で活動終了! 韓国人気ナンバーワンの宮脇咲良はHKT残留か卒業か

文=日刊サイゾー

IZ*ONE、有終の美で活動終了! 韓国人気ナンバーワンの宮脇咲良はAKB残留か卒業かの画像1
IZ*ONE公式サイトより

 韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』から生まれた日韓合同ユニット・IZ*ONE。2018年から活動をスタートさせたが、この4月28日に当初の予定通り2年6カ月の期間満了をもって活動を終了した。

 30日には日本人メンバーの宮脇咲良、本田仁美、矢吹奈子が韓国から帰国。出発の韓国・仁川国際空港には多くの取材陣とファンがつめかけ、彼女たちを見送った。現地記者の話。

「IZ*ONEはデビュー曲からヒットを連発、日本でも韓国でも大きな話題となりました。デビュー当時から活動期限があったわけですが、あまりの人気ぶりに解散阻止を掲げた署名活動が行われるほどだったんです。途中、彼女たちを輩出したオーディション番組『PRODUCE 48』の投票操作疑惑が取り沙汰され、活動休止の憂き目にもあいましたが、熱心なファンに支えられ最後までトップスターとして駆け抜けました。人気絶頂のうちに解散するとあって、悲しむファンも多いですが、有終の美という見方もできます」

 帰国した日本人メンバーたちは、48グループ(HKTとAKB)の活動に復帰すると見られている。しかし一方で、「もうAKBの活動は難しいのではないか」と不安視する声もある。レコード会社関係者の話。

「正直、K-POPの世界でスター扱いされてきたあとに、日本のアイドルに戻れるのか? と不安視する声は少なくないですよ。K-POPは女性ファンも多く、また、彼女たちのビジュアルも“女性受け”するK-POPらしい見た目に変わりました。しかし、これが実は従来の男性AKBファンの一部から不評なんですよ。彼らは黒髪でパッツン前髪で少々やぼったい見た目が好き。K-POPの女性スターのような洗練されたスタイルには引いちゃうんです(苦笑)。でも、宮脇たちは今のスタイルを非常に気に入っているでしょうし、無理やり“AKBスタイル”に戻させるのは、なんだか酷だなと」

 見た目だけの話ではない。彼女たちが日本から離れている2年の間に、AKBやHKTはすっかり勢いが衰えてしまった。

「勢いが落ちているAKBからしたら、IZ*ONEの人気にあやかって帰国組3人をセンターに据えて曲を出したら話題にはなるでしょうね。しかし、やっぱり本人たちにとってはなかなかきついんじゃないかと思いますよ。人気絶頂のK-POPスターから、落ち目のAKBに戻るというのは“都落ち”するようなもの。特に宮脇は韓国でかなり人気なので、日本だけの活動にとどまるのはもったいない。ここは思い切ってHKTを卒業して、ソロアーティストとして日韓で活動するのがいいんじゃないかという気もする。本人たちの意思次第ですが、韓国で培ったスキルと人気を最大限にいかせる選択をするんじゃないかな」(同)

 果たして、宮脇、本田、矢吹の3人はどんな道を選択するのか。その動向に注目だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/04/30 12:02

IZ*ONE、有終の美で活動終了! 韓国人気ナンバーワンの宮脇咲良はHKT残留か卒業かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

石戸諭が語るメディアの問題点

 毎日新聞、バズフィードジャパン、そして現在は雑誌でテレビでとメディアを横断して活動す...
写真