日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜田雅功の鷲見玲奈に対するセクハラ発言

浜田雅功の鷲見玲奈に対するセクハラ発言 編集でカットしない制作サイドに問題ありか

文=木村之男

浜田雅功の鷲見玲奈に対するセクハラ発言 編集でカットしない制作サイドに問題ありかの画像1
『ごぶごぶ』MBS毎日放送公式サイトより

「容姿イジり」や「セクハラ」などの表現が問題視されている昨今において、そんなことお構いなしの状態が続いているのが大物芸人だ。

 ダウンタウンの浜田雅功は、4月27日深夜に放送された『ごぶごぶ』(MBS)で、カップ焼きそばが大好きだという鷲見玲奈に対し、「その乳はどうやったらそんなになるの? カップ焼きそばでできあがってるわけちゃうやろ」と発言した。

「鷲見さんはそういった発言に慣れっこなのか、特に嫌がる様子もなくサラッと流していましたが、セクハラであることは確か。今はまだこの程度であれば、大問題にはならないものの、そのうちこれくらいのちょっとしたセクハラ発言もNGになるでしょう」(メディア関係者)

 とはいえ、超大物である浜田に対して「セクハラ発言はやめろ」と言えるスタッフなどいないのも事実だ。

「そもそも浜田さんもそこまでセクハラ的な意味合いを持って発言しているわけではなく、あくまでもリップサービスのようなもの。それを咎めることはスタッフにはできません。それに“本人がセクハラだと思えば、それはセクハラになる”という論理の裏返しで、“鷲見さんが嫌がっていないのでアリ”という認識になっている。大物芸人に対して、あまり嫌な顔ができるタレントもいないだろうし、結果的に“なんでもアリ”になってしまう。こういったプチセクハラ的なものはずっと続いていくでしょう」(同)

 もはや大物芸人を止められる人などいないというわけだ。しかし、現場でのセクハラを制止することはできなかったとしても、そのシーンを放送しないという選択肢はあるはずだ。

「スタッフは、大物芸人であろうが、問題視されるような発言があった場合、そのシーンは編集でカットするべきでしょう。今回の『ごぶごぶ』については、それをしなかった制作サイドに大きな問題があると言えます。芸人さんが現場での盛り上がりを優先して、多少際どい発言をするのは仕方ないことですが、そこに乗っかって、セクハラシーンを放送に乗せるのは、スタッフの認識不足。そういったシーンをカットすることで、芸人本人がオンエアを見て適切と不適切のラインを知ることもできるわけじゃないですか。そう考えると、テレビ制作スタッフの意識改革がもっと必要なのかなと」(同)

 いずれにしろ、テレビ業界のセクハラに対する問題意識は決して高いとは言い難い状況。根本的にアップデートしていかなければ、完全に時代に取り残されてしまいそうだ。

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2021/05/05 07:30

浜田雅功の鷲見玲奈に対するセクハラ発言 編集でカットしない制作サイドに問題ありかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真