日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 長澤まさみ『ドラゴン桜』の演技にネットが騒然!

「水野がダー子にしか見えない」長澤まさみ『ドラゴン桜』の演技にネットが騒然!

「水野がダー子にしか見えない」長澤まさみ『ドラゴン桜』の演技にネットが騒然!の画像1
TBS『ドラゴン桜』公式サイトより

 本題の受験勉強が始まったことで、さらに勢いがついたようだ。

 5月9日、阿部寛主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)第3話が放送され、平均視聴率が12.6%を記録。3話連続の2桁台キープとなった。

「今作は三田紀房氏の『ドラゴン桜2』が原作ですが、かなりの割合でオリジナル脚本となっています。3話では東大専科の授業が始まり、新設された難関大コースに入った理系トップの秀才・藤井(鈴鹿央士)と東大の過去問で対決。負けたほうのクラスが即廃止となる勉強バトルが描かれました。演出を『半沢直樹』と同じ福澤克雄氏が手掛けていることもあり、ラストに相手をやりこめる半沢流を踏襲していることも、成功の要因となっているようです」(テレビ誌ライター)

 ドラマで阿部演じる桜木と名コンビを組んでいるのが、05年版では生徒役だった水野(長澤まさみ)だ。そんな彼女の演技がネット上で話題を呼んでいるという。

「桜木を雇うために全ての支払いを引き受ける約束をしているため、毎回、彼が独断で使用した経費の領収書を受け取り、その額に水野がブルブル震えるのがお約束となっています。しかし、その演技に対して『水野さん、ほぼダー子じゃん』『もっと寡黙な感じだった記憶あるけど、15年経つとダー子になるのね』『ビジュアルがダー子にしか見えない』『水野先生だけど多分もっと巨大なお魚ちゃんを釣るために、あの学園で桜木先生を動かしているに違いない!』と、長澤の代表作である『コンフィデンスマンJP』シリーズのダー子と重ね合わせた人が多いようです」(エンタメ誌ライター)

 長澤からダー子が抜けきれないのには理由もあるという。テレビ誌ライターが明かす。

「ドラマは昨夏に放送される予定だったのですが、新型コロナの影響で約1年延期になってしまった。そのため、長澤のスケジュールは超タイトに。ドラマのクランクインも放送日の11日前だったほどです。現在、映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の撮影も同時進行で行われているため、ついダー子が出てしまうのでしょう」

 水野を見て「コンフィデンスマンも見たくなった」という視聴者も多いだけに、長澤としたらいい宣伝になっている?

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/05/12 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed