日刊サイゾー トップ > 芸能  > フット岩尾が『永遠にともに』歌詞をいじりまくり!

コブクロ黒田不倫報道で、フット岩尾が『永遠にともに』歌詞をいじりまくりー ネットで「のんちゃん天才か」の声

文=日刊サイゾー

コブクロ黒田不倫報道で、フット岩尾が『永遠にともに』歌詞をいじりまくりー ネットで「のんちゃん天才か」の声の画像1
フットボールアワー 吉本興業 公式サイトより

 13日放送のフジテレビ『バイキングMORE』ではコブクロ・黒田俊介の不倫トラブルについて特集した。

 12日発売の「週刊文春」によると、黒田は2019年頃から女性と不倫関係になったが翌20年に関係が悪化。黒田が一方的に連絡を絶つと、精神的に不安定になった女性はLINEのやりとりを黒田の自宅ポストに投函するなどしたころから、黒田はストーカー被害として弁護士を通して警察に相談。女性は警察から厳重注意を受けたという。

 フットボールアワー岩尾望は「コブクロ」について爽やかでまっすぐな歌詞の曲も多いことからイメージが良すぎると印象を語ると、コブクロの大ヒット曲『永遠にともに』を持ち出し「“共に歩き、共に迷い、たまに遊び”とか(歌詞に)入れといたら。混ぜといたら」とイメージを下げておくことを提案。「じゃないと裏切られた気分で。ちょっと聖人君子すぎるイメージだから」と続けた。

 この提案にMCの坂上忍は「ひどい」と言いつつも大爆笑。ネット上でも「たまに遊びw」「のんちゃん最高www」「のんちゃん天才か」と絶賛の声が上がっていた。

 坂上は「今回の場合は女性のほうにも当然、問題はあると思うんです」と前置きをしつつ「男性のほう、黒田さんのほうが一日数百件のLINEとかでちょっと妻帯者でありながら、その気にさせすぎてしまいましたかっていう見方のほうが強いんじゃないですかね」と黒田に非難の目を向けた。

 これに薬丸裕英も同じように「スタート50%50%で2人とも悪いですよ」と前置き。「2人とも悪いんだけども、女性のほうがエスカレートする行動の前に、きちんとお話し合いをしたのか? ってことですよね」と苦言を呈し「そこで背を向けちゃって弁護士とかなっちゃうと“え? 今までのはなんだったの”って思ってしまう」と女性の気持ちを汲んだ。

 ネット上でも「黒田も悪いけど、相手の女性も黒田に負けないくらい悪い。どっちもどっちです」「不倫は女も男も悪い。同情の余地なし」と男女どちらにも非があるという意見や「不倫相手の女を都合良く扱いすぎたんだろう」「散々楽しんどいて都合が悪くなったらストーカー扱いとか鬼だろ」「自分が相手をそうさせた部分もあるのに別れたくなったからって警察沙汰にするとか」と黒田に厳しい意見も見られた。

 また坂上は今後の影響について「歌手の方は僕らに比べたらそこまで痛手はないと思いますよ」と推測すると、理由について「だって歌うまいんだから!」と言い放った。さらに「ちょっとほとぼりが冷めたらまたキャーとかワーとか言われて。僕たちなんてほとぼり冷めたころにはもうほとんど出る場所は無くなったりするわけですからね」と愚痴ると「歌うまけりゃよかったね、俺も」ぼそり。スタジオを笑わせた。

 黒田は同誌の出版はストーカー行為を助長する行為として、出版差し止めを請求する「仮処分命令申立書」を発売前に裁判所に提出している。しかし、東京地裁は「差し止めの要件を充足していない」と申し立てを却下。

 元「週刊文春」記者の中村竜太郎は、出版されたあとに名誉棄損で争うことはよくあることだが、出版界において出版差し止めはめったにないことと解説、「かなりの大胆なことをしたな」と印象を語った。

 この黒田の行動には「差し止めようとしたのは感じ悪いね。バレなきゃよかったの?」「ストーカーを助長するから差し止めしてって…。やることも理由もカッコ悪いな」「これはダサいw」と悪い印象を受けた人が多かったようだ。

 毎日コロナの話題が続く中、久しぶりの不倫報道だったのだが「不倫の話題は盛り上がるね」「坂上が活き活きしてる、楽しそうだな」という声も上がり、バイキングらしい放送になったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/05/15 18:00

コブクロ黒田不倫報道で、フット岩尾が『永遠にともに』歌詞をいじりまくりー ネットで「のんちゃん天才か」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

家茂に囁かれた“秘密の側室”の存在

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真