日刊サイゾー トップ > 社会  > 中古iPhone、旧型機種売れ行き好調のワケ

中古iPhone市場に異変!? 5年近く前の旧型機種の売れ行き好調の理由とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

現代のデジタルデバイスはまさに日進月歩で、次々に新たなテクノロジーが誕生している。それはスマートフォンの世界においても例外ではなく、ディスプレイやカメラの性能、ストレージの容量にバッテリーの持ち具合等、様々な面でユーザーにとって便利なデバイスへと進化し続けている。しかしそんななかiPhoneの中古販売市場で、特定の年代より前の機種の人気が高まっていることが明らかになった。今回は、この時代だからこそとも言える中古iPhone市場の人気の動向についてお伝えしていきたい。

中古iPhone市場で旧型機種が売れているのはなぜ?

中古iPhoneのトレンドにも世相が反映された(中古スマホのECサイト「にこスマ」調べ)

 中古スマホのECサイト・にこスマで5月10日に発表された「中古iPhone販売数ランキング」によると、4月1日~30日の間に最も販売数が多かった機種は「iPhone 8(64GB)」だったという。さらに2位には同じくiPhone 8の256GB、3位は「iPhone SE(第1世代)(64GB)」となった。

 ワンツーフィニッシュを決めたiPhone 8が発売されたのは2017年、3位の第1世代のiPhone SEはさらに古く2016年だ。毎年新機種…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/05/14 12:30

中古iPhone市場に異変!? 5年近く前の旧型機種の売れ行き好調の理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

熊田曜子、泥沼離婚問題の先はどうなる?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】  新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よ...
写真