日刊サイゾー トップ > 芸能  > 手越祐也、ガッキー相手に「オレ様マウント」

手越祐也が新垣結衣&星野源結婚を祝福も、「オレ様マウント」溢れているとネットは冷ややかな声

文=日刊サイゾー

公式Twitterより

 5月19日、連名の直筆署名入りの書面にて結婚することを発表した星野源と新垣結衣。2人と縁のある芸能人が次々とSNSなどで祝福の声をあげる中、新垣と共演経験のある元NEWSの手越祐也も自らのTwitterにてコメント。その内容が注目を集めている。

 手越は新垣と2006年放送のドラマである元TOKIO・長瀬智也主演の『マイボスマイヒーロー』(日本テレビ系)にて共演経験がある仲。手越はこの日、自身のTwitterにて「ガッキー結婚おめでとーう!!!!!」と祝福。続けて「マイボスマイヒーローで共演した時が俺が19歳。ガッキーが18歳。一度でも共演した人が幸せになるのは本当に嬉しい」「星野源さんと幸せで笑顔に溢れる家庭が築けますように」と気持ちを綴ったのだった。

 この手越の祝福の言葉について、ネットでは「マイボスの手越くんとガッキー、可愛かったな…」「手越くんのがっきーおめでとうメッセージかわい」といった好意的な声が続出。その一方、自分の話を混ぜつつ結婚の祝福をした手越に対し「手越の結婚祝いツイート、俺の方が昔からガッキーのこと知ってたぜ、みたいなマウントみたいでウケる」「手越すげー。ガッキーへのお祝いメッセージにも俺がしっかり登場する」という意見も。また、その上で「手越、どんな時でも“我”を全面に出せるのもはや尊敬する。私も手越くらい強く生きたい」といった感心の声も上がっていた。

 手越といえばアイドル時代から自己主張の強いキャラクターで知られており、長年一緒に仕事をしてきたNEWSの増田貴久をして「今まで会った人間の中で一番わがままだと思うんですよ」と言わしめた人物。増田の上記の発言は、2019年7月14日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に彼が出演した際のものだが、増田はこの時に続けて「わがままっていうのがかわいい部分、彼のいい部分でもあると思うんですけど」と個性を認めた上で「身近で一緒に頑張ろうね、っていう仲間としては『なんだコイツ!』って」と率直な感想を述べていた過去がある.

「ネットでは、手越さんの『俺が19歳。ガッキーが18歳』という言葉が『昔から新垣さんを知っている』というアピールだと感じたという意見がいくつか見受けられました。とはいえ、手越さんが何でも自分を基準に物事を考える発言をするのはファンの間では知られた話なので、ファンの方たちは発言に他意はなく、素直な祝福の言葉だと感じている人も多いようです」(芸能事務所スタッフ)

 祝福のツイートひとつとっても個性が溢れ出ている手越、さすがとしか言いようがない!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/05/21 08:00

手越祐也が新垣結衣&星野源結婚を祝福も、「オレ様マウント」溢れているとネットは冷ややかな声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真