日刊サイゾー トップ > 芸能  > 中川大志が匂わせた「理想のタイプは杉咲花」

中川大志が匂わせた「理想のタイプは杉咲花」発言で広瀬すずが「2度目の屈辱」!?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

中川大志が匂わせた「理想のタイプは杉咲花」発言で広瀬すずが「2度目の屈辱」!?の画像1
TBS『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』ツイッターより

 あの屈辱がまたぞろ甦るかもしれない?

 5月21日に放送されたバラエティ番組『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん 2時間SP』(TBS系)にて、ゲスト出演した俳優の中川大志が理想の女性のタイプについて語る場面があったという。

「番組で中川は、『丸顔で小動物っぽい感じ』『ペチンとしたくなるおでこが好き』『ポニーテールが好きです! この世で1番最強!』と自身の好みを次々に挙げていきました。すると、これを聞いた視聴者の多くが、中川とドラマ『夜行観覧車』や『花のち晴れ~花男 Next Season~』(ともにTBS系)などで共演し、一部で熱愛疑惑も囁かれた杉咲花を思い浮かべたようで、ネット上では特に『花晴れ』ファンから2人の交際を希望する声が連打されました」(芸能ライター)

 とはいえ、中川が浮名を流した相手といえば、2019年のNHK朝ドラ『なつぞら』で夫婦役を演じた広瀬すずが記憶に新しい。昨年、同時期にコロナ感染したことや、広瀬が4月の番組で語った「水回りをキレイにしている人」「焼酎好き」という理想の結婚相手像が中川の過去のインタビューと一致していたことが、熱愛の噂に信ぴょう性を与えたものだった。

「実は、広瀬と杉咲には因縁がある」と語るのはベテランの芸能記者だ。さらにこう続ける。

「広瀬の連ドラ初主演作である15年の『学校のカイダン』(日本テレビ系)では脇を固めていた杉咲ですが、2年後の『第40回日本アカデミー賞』では立場が逆転。広瀬は2部門でノミネートされていたものの受賞できず、そのうちの1部門は杉咲花が最優秀に選ばれました。このとき広瀬はブログで《今までにない悔しいという感情に出会ったような気がします》と綴っており、以来、同世代である杉咲をライバル視するようになりました。もし、中川が好きなタイプに『杉咲』を匂わせたことを耳にしたら、広瀬としてはかなり面白くないはずです」

 広瀬と杉咲が恋のライバルになる――そんなドラマがあれば話題になること間違いなしだが……。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/05/28 18:00

中川大志が匂わせた「理想のタイプは杉咲花」発言で広瀬すずが「2度目の屈辱」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

勢いと笑いのセンスをこなす

 連載の作品選びを自由にさせて頂いてから、人...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真