日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岩田絵里奈アナが老若男女に“愛される”本当のワケ

日テレ・岩田絵里奈アナが老若男女に“愛される”本当のワケ ジャニタレとも浮名をながしてきた恋愛事情

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

日テレ・岩田絵里奈アナが老若男女に愛される本当のワケ ジャニタレとも浮名をながしてきた恋愛事情の画像1
岩田絵里奈 日本テレビ 公式サイトより

 日本テレビの岩田絵里奈アナウンサーといえば、今年4月から同局の先輩の水卜麻美アナよりバトンを受け、お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次とともに『スッキリ』のMCを務めている。

 現在も出演している『世界まる見え!テレビ特捜部』や『沸騰ワード10』をはじめ、入社以来バラエティー番組を中心に活躍し、今回の春の改編では同局の現エースアナである水卜アナの後任として『スッキリ』を担当することになったとあって、局内でも次期エースの有力候補の一人と見られているという。

 だがその一方で、こんな声も。

「つい先日もイケメン男性との焼肉デートを女性誌でキャッチされていましたが、彼女は以前から“恋多き女”として知られていますからね」(同局の情報番組スタッフ)

 岩田アナは4月中旬の土曜日に都内の高級焼肉店で、ウエンツ瑛士似のスポーツマンタイプの男性との食事デートを「週刊ポスト」(小学館)に報じられた。

 同誌の記事によると、実家暮らしの岩田アナは「今日はありがとうございました。ご馳走様でした」とにこやかに頭を下げてお礼を言い、その後2人はタクシーに乗り込んだものの、岩田アナは近くの駅で降りてそのまま帰っていったというから、健全なデートに好感が持てるが……。

「岩田アナが大学生の時に大沢たかおさんと付き合っていたのは有名な話ですし、他にも複数のジャニーズタレントと浮名を流していますからね。最近はただでさえコロナ禍の影響でピリピリしていますし、恋愛スキャンダルが好調な仕事の足を引っ張らなければいいのですが」(前出の同局の情報番組スタッフ)

 さらに、思わぬ“難敵”の存在も危惧する。

「岩田アナは中学生の頃から芸能活動をしていただけあって可愛いだけでなく、社交性も高く、番組の共演者やスタッフと笑顔で冗談を飛ばし合うなど現場の男性ウケはかなり良い方なのですが、その反面、ぶりっ子やあざとさが鼻につくという女性スタッフもいます。まあ、やっかみ半分でしょうし、こうした声を受けるのは人気女子アナの宿命とも言えますが、先輩の水卜アナが同性のスタッフや関係者のあしらいが天才的に上手く、男女ともに受けが良いタイプなので、比べられてしまうとどうしても分が悪くなってしまいますよね。こればかりはキャリアや実績をつんで認めさせるしかないわけですけど」

 メインMCの加藤が吉本興業を退社するなど紆余曲折ある中、『スッキリ』は岩田アナが出演するようになってからも視聴率は好調をキープしているが、今後はその私生活にもより注目が集まりそうである。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/05/29 06:00

日テレ・岩田絵里奈アナが老若男女に“愛される”本当のワケ ジャニタレとも浮名をながしてきた恋愛事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真