日刊サイゾー トップ > 社会  > 3大キャリア「不当表示」のおそれで指導

3大キャリアを「不当表示」のおそれで消費者庁が指導、CMで好感度稼ぎも限界近し?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

3大キャリアの残念な一面があらためて浮き彫りとなった。5月25日、消費者庁がドコモ・KDDI・ソフトバンクのキャリア3社に、景品表示法違反の「不当表示」にあたるおそれがあるとして改善を指導したことが明らかとなった。3大キャリアといえば、これまで契約プランが様々な条件付きで非常にわかりづらかったり各社が足並みを揃えるようにプラン料金が一律だったりと、ユーザーに対して不誠実な態度がたびたび問題となっていたことを覚えている読者の方々も少なくないだろう。

本格的に“携帯料金値下げ”の動きが活発化し、ようやくその悪い一面が改善される……かと思いきや、まだまだ完全な更生には程遠いようだ。今回は、大手キャリアに染みついてしまった悪しき体質について考えていきたい。

消費者庁、ドコモ・KDDI・ソフトバンクのキャリア3社に指導

 井上消費者担当大臣は25日、消費者庁がドコモ・KDDI・ソフトバンクのスマホキャリア3社に対して改善を指導したことを公表。指導の内容の説明によれば、「自社の回線を契約しなくても条件を満たせば端末を購入できる」と自社サイトに記載しているにもかかわらず、各社の一部…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/05/28 08:30

3大キャリアを「不当表示」のおそれで消費者庁が指導、CMで好感度稼ぎも限界近し?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田「名探偵」の正解

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真