日刊サイゾー トップ > 芸能  > 比嘉愛未、20歳で出演した“幻の作品”

深キョン代役で注目! 比嘉愛未、20歳で出演した“幻の作品”発掘に週刊誌記者が奔走中!?

文=日刊サイゾー

深キョン代役で注目! 比嘉愛未、20歳で出演した幻の作品発掘に週刊誌記者が奔走中!?の画像1
フジテレビ『推しの王子様』公式サイトより

 深田恭子が適応障害により休養を発表。主演予定だった7月期のドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)は、比嘉愛未が代役を務めることとなった。

「彼女が演じるのは女性向け恋愛ゲームを手掛けるベンチャー企業社長。渡辺圭祐演じる無教養なイケメンを理想の男性に育てるストーリーだといいます。深田の突発降板により、フジは代役探しに奔走。6月から4カ月近くスケジュールの空きがある“深キョンの代役”女優なんてそう簡単には見つかるはずはないのですが、6月スタートの比嘉の主演ドラマ『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系)がちょうどクランクアップしたという奇跡のタイミングで難を逃れました」(テレビ関係者)

フジテレビ系のドラマ『コード・ブルー』でおなじみの比嘉だが、これまで出演作が多いわりにラブシーンは少なかった。そんななか、ある作品が週刊誌界隈でにわかに注目を浴びているという。

「比嘉の艶演で世間の印象に残っているのは、2019年の『TWO WEEKS』(フジテレビ系)で三浦春馬と軽いキスシーンを演じたことくらいでしょう。しかし、実は当時20歳だった2007年に公開された映画『幽閉者テロリスト』は、一部サイトにて『比嘉愛未が大胆ラブシーンに挑戦!』と紹介されており、彼女が下着姿になっているようなんです。比嘉の公式プロフィールからも抹消されている幻の作品で、どこのメディアにも取り上げられていない。オヤジ週刊誌の記者たちが視聴手段を探して奔走しているようですね」(芸能記者)

 比嘉は16年の写真集『flap』(ワニブックス)ではビキニ姿を披露、そのスタイルを惜しげもなく見せつけている。

 深田はドラマに出ると必ずボディも話題になっていただけに、比嘉には艶技の面でもしっかり“代役”をこなしてもらいたいものである。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/06/03 06:00

深キョン代役で注目! 比嘉愛未、20歳で出演した“幻の作品”発掘に週刊誌記者が奔走中!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

片瀬那奈、大手事務所独立でも仕事が来る?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真