日刊サイゾー トップ > 社会  > 『ザ・ボーイズ』が描く福音派のパロディ
顧客を創造する宗教右派!【2】

神のおかげで特殊能力を得た!『ザ・ボーイズ』が描く福音派のパロディ

文=月刊サイゾー

――スーパーヒーローの醜悪な裏側が暴かれていくAmazonプライム・ビデオのドラマ『ザ・ボーイズ』。ここで映し出される福音派の戯画とは――。(月刊サイゾー2021年4・5月号「新タブー大全’21」より転載)

前記事:トランプを支える宗教右派のマーケティング! ドラッカー的ビジネスで信者獲得……ワクチンを信じない福音派の布教

神のおかげで特殊能力を得た!『ザ・ボーイズ』が描く福音派のパロディの画像1

 福音派メガチャーチは「こういう感じか」とわかるのが、Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ』のシーズン1だ。企業ヴォートがスーパーヒーロー事業を展開。所属ヒーローはカネを得て喝采を浴びるため、きれいな面を世間に見せているだけ。裏では、一般市民を事故死させた事実を隠蔽したり、ハイジャックされた飛行機の乗客を見殺しにしたりする。

 そんなヒーローたちの頂点に君臨する7人=「セブン」に新しく加入するスターライトは敬虔なクリスチャンであり、彼女や、ほかの一員であるエゼキエル、トップのホームランダーがスピーチする場所がメガチャーチの集会だ。筋肉ムキムキのエゼキエルは、大観衆が集まったステージの上で特殊能力を使って腕を舞台いっぱいに伸ばし、「神のおかげでこの力を得た」と語る。
 恋人を殺されて反ヒーロー組織「ボーイズ」に加わった主人公ヒューイは、そのエゼキエルに彼が男を買っている事実を突きつける。これが脅しになるのは、福音派で同性愛は禁忌だからだ。

「福音派が強い米南部では、男性の同性愛者はカミングアウトしづらいため、黙っているだけでなく過剰に男らしく振る舞う部分があります。実際、南部の福音派を支持基盤とする共和党の某タカ派重鎮議員はおそらくゲイだと一部の国民が察していますが、表向きは痛々しいほどマッチョです」(前嶋氏)

 福音派式の浸礼(人の全身を水槽に沈めた後、起き上がらせて洗礼する)の儀式を執り行うホームランダーは、「アメリカは神に祝福された国だ」と人々に訴えかけ、「世界」ではなく「アメリカ」を救うために戦い、セブンへ人種やハンディキャップなど多様性を導入することを断固拒否。これは無論、トランプに熱狂した白人至上主義である一部の福音派の戯画だろう。

最終更新:2021/06/14 11:00

神のおかげで特殊能力を得た!『ザ・ボーイズ』が描く福音派のパロディのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

菅義偉首相“五輪強行”の思惑は

今週の注目記事・第1位「台本11冊を入手、開...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

 ときにはガチの元セフレが出演し、ときにはエピソードトークの内容検証のためにADがパ...
写真