日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 侍ジャパンメンバー決定に関係者不満爆発?

侍ジャパンメンバー決定に関係者不満爆発? 偏りすぎたメンバーにツッコミ!

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

侍ジャパンメンバー決定に関係者不満爆発? 偏りすぎたメンバーにツッコミ!の画像1
侍ジャパン 公式サイトより

 7月開催の東京五輪に参加する野球日本代表のメンバー24人が16日、東京都内のホテルで開かれた記者会見において、稲葉篤紀監督により発表された。

 メンバーの中には昨シーズンの新人王、広島東洋カープの森下暢仁、今年ルーキーの栗林良吏両投手など5人の選手が初めて侍ジャパンとして選出。また、ケガで離脱している福岡ソフトバンクホークスの千賀選手をはじめ、横浜DeNAベイスターズの今永選手など2019年に世界一となった国際試合「プレミア12」のメンバーから外れた者も多かった。

 プロ野球OBは「今年、古巣の東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰した田中将大投手など、五輪開催を1年延期しなければ参加できなかった選手もいる。投手は特に入れ替えがはっきりしたね」と話すが、疑問に感じる点も多々あるようだ。

「まずは巨人の岡本和真選手が落選しました。人気球団の4番を任されながら調子が今ひとつと判断されたようです。さらに福岡ソフトバンクホーム巣の松田宣浩選手も外れました。『プレミア12』の時にもベンチスタートが多かったのですが、彼の持ち味はチームを盛り上げられること。今回、誰かが代役を担わなければなりませんが、候補者がいるのか疑問です。野手では埼玉西武ライオンズの山川選手、阪神タイガースの新人、佐藤輝明選手をはじめ長距離砲の数選手も落選しています」(同)

 そして投手にも不安があるという。

「侍ジャパン首脳陣が集まった5月31日のスタッフ会議後、各球団に内々定の連絡を入れていますが、最後の最後まで悩んだとされているのは中日ドラゴンズの大野雄大投手。昨年は投手最高の栄誉である沢村賞を受賞しましたが、今年は調子があまり上がらず3勝止まり。同じく代表入りした読売ジャイアンツの菅野智之投手も不調で2軍生活が長く、本来の姿からは離れている。一方でオリックスの2年目選手、宮城投手は見送られた。五輪のような短期決戦は今、調子がいい選手が優先されて選ばれるべきところですが、世界一になったメンバーばかりにこだわり選んでいる感じが否めません」(同)

 捕手で選ばれた広島の会沢翼選手は15日の西武戦で負傷退場しており、状況によっては代表を辞退する可能性も急浮上している。

 別のプロ野球OBも「その場合の代役は阪神の梅野選手が濃厚ですが、実力からいって会沢選手よりも今は上です。最初から選んでおけばいいのにね」と苦笑しながら語る。

 コロナ禍でどんどん参加国が減る中、侍ジャパンは存在意義をどこまで発揮できるのだろうか。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/02/15 17:57

侍ジャパンメンバー決定に関係者不満爆発? 偏りすぎたメンバーにツッコミ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真