日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『コントが始まる』は時代に逆行?

金子茂樹脚本『コントが始まる』は時代に逆行している? 現代的な価値観をあえて描かない理由

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

『コントが始まる』公式サイトより

 土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)が6月19日の今夜、最終回を迎えようとしている。同作の脚本を手がけたのは、2007年のドラマ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)や第38回向田邦子賞受賞作品『俺の話は長い』(日本テレビ系)で知られる金子茂樹氏。細部まで練られた脚本や演出に加え、若手実力派俳優たちの名演技が視聴者を惹きつけ、“傑作ドラマ”としてSNSを中心に話題を呼んでいる。

 『コントが始まる』の主人公は、売れないお笑いトリオと、社会生活に挫折した姉妹の合わせて5人。お笑いトリオ・マクベスを菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀、姉妹を有村架純、古川琴音が演じている。

フリーター、実家の跡継ぎ…いやに現実的な売れないお笑い芸人の末路

 28歳になっても鳴かず飛ばずのマクベスは、現実と向き合ったうえで“解散”を選んだ。マクベスの初期メンバーである潤平(仲野)は実家の酒屋を継ぎ、プロゲーマーを引退してマクベスに加入した瞬太(神木)は「世界を股にかける冒険王になる」と宣言し、解散後は海外へと旅に出る。かつては日本一に輝いたプロゲーマーが、芸人を経て、冒険王すなわちフリーターになるというわけだ。潤平の方だって、あれほどにもお笑いに情熱を燃やしてきた男が、実家を継ぐという手堅くも地味な道を選んでいる。どちらもいやにリアルだ。

 ドラマであれば、現代的な価値観を交えてもっと夢のある物語にもできたはず。しかし、それをしなかったのはなぜだろう。それは、いまを生きる若者に向けた“メッセージ”だったのではないだろうか。

“何でもできる時代”を生きるすべての若者を肯定するメッセージか?

 インターネットが普及した現代は、誰もが主役になれる時代だ。スマホさえあれば自分のことをいくらでも世間にアピールできるし、パソコンひとつでスターになることだってできる。だからこそ、誰もが輝いた人生を送らなければいけないような空気が僅かに漂っているのも事実だ。田舎に住んでいるだとか、環境がどうだとか、そんなことは言い訳にはできない。

 そんな世の中に息苦しさを覚える若者も少なくないのではないだろうか。自由に生きることが許される時代となったのは素晴らしいことである。ただ、何でもできる時代だからこそ、明確な夢や目標がない人や、社会で輝けていないと感じる人はほのかな罪悪感を覚えているようだ。

 『コントが始まる』は、そんな若者のことも肯定するドラマだったのではないか。「輝けなくてもいい」「夢を諦めてもいい」「地味で地道な人生もドラマである」そんなメッセージが込められていたように感じる。いよいよ今夜クライマックスを迎える『コントが始まる』。彼らは最後に、メインターゲットである若者に向けてどんなメッセージを届けてくれるのだろうか。注目したい。

■番組情報
土曜ドラマ『コントが始まる』
日本テレビ系毎週土曜22時~
出演:菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音、鈴木浩介、伊武雅刀、松田ゆう姫、明日海りお、小野莉奈、米倉れいあ(821)ほか
主題歌:あいみょん「愛を知るまでは」(unBORDE / Warner Music Japan)
音楽:松本晃彦
脚本:金子茂樹
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:福井雄太、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
演出:猪股隆一、金井紘(storyboard)
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/conpaji/

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2021/06/19 11:00

金子茂樹脚本『コントが始まる』は時代に逆行している? 現代的な価値観をあえて描かない理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真