日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > トラウデン直美、炎上続きで好感度下落!?

トラウデン直美、炎上続きで好感度下落!? 知念侑李熱愛報道に続きゴミ屋敷清掃企画に反感の声

文=藤川響子(ふじかわ・きょうこ)

公式インスタグラムより

 モデルのトラウデン直美に好感度下落の危機がおとずれているようだ。

 24日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で、「新型コロナの影響でゴミ屋敷化する家が増えている」というテーマのもと、トラウデンがゴミ屋敷清掃を体験するVTRが放送された。ゴミ屋敷の清掃を行う業者とともに依頼者のもとを訪れたトラウデンだが、部屋に入るなり「ワーオ! いきなりすごいですね……」と一言。足の踏み場もないほどの散らかり具合に「ねえ、どうしよう」と戸惑いの声をあげるなど率直な反応をしていた。

 トラウデンは依頼者と挨拶した後も、「すごいことなってますよ」「ちょっとこれは……どうしたらこうなるんだ」「ドア開かないもん!」とズバズバと発言。さらに、風呂場から食事関係のゴミが出てきた事情について、依頼者が「一時期、風呂で飯食うのにハマってて」と話すと、「どういうハマり?」とツッコむなど、かなりストレートな物言いになっていた。

 こうしたトラウデンの言動を見かねてか、清掃業のスタッフが「いろんな方がいらっしゃいますから、トラウデンさんの物差しで測れない方もたくさん世の中にいらっしゃるので」とやんわりと注意。トラウデンも「そりゃそうだ」「それが知りたくて私は今日来ていますから」と納得した様子を見せ、汗をかきながら一生懸命清掃に勤しんでいたのだった。

 このトラウデンのロケVTRに対し、ネットでは「偉いなぁ。仕事とはいえ触りたくない。ムリ……」「よく手伝ったね」と感心の声が上がる一方、「ゴミ屋敷の住人に失礼」「上から目線ぶりが凄すぎ」「テレビで晒されて煽られた依頼者可哀想」といった依頼者への同情やトラウデンの言動に対する批判的な声が少なからず寄せられる事態に……。

「トラウデンさんはまだ22歳と人生経験も未熟なので、今回のような社会派ともいえるロケでブーイングを浴びるような言動をとってしまうのは致し方ない部分もあるのでは」(芸能事務所スタッフ)

 しかし、トラウデンはつい先日、Hey! Say! JUMPの知念侑李との熱愛報道が出たばかり。知念ファンからの反感を買ってひと月もしないうちに新たな“炎上”騒動となってしまった。

「知念さんとの熱愛でかなりのジャニーズファンから反感を買っているのは間違いない。この上さらにお茶の間の好感度まで下げてしまうと、タレントとして厳しい立場になる可能性も。ズバズバ物を言うところが持ち味ではあるのですが、もう少し謙虚さを出してもいいのかもしれませんね」(芸能事務所スタッフ)

 今後も番組内で様々な企画やロケに挑戦するであろうトラウデン、これからの彼女に要注目だ。

 

藤川響子(ふじかわ・きょうこ)

最終更新:2021/06/26 09:30

トラウデン直美、炎上続きで好感度下落!? 知念侑李熱愛報道に続きゴミ屋敷清掃企画に反感の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真