日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 庄村聡泰、釈由美子出演のホラー映画『ロックダウン・ホテル』を実観!仏でソースが誕生したわけに思いを馳せる
元[Alexandros]庄村聡泰、『ロックダウン・ホテル』を観る

庄村聡泰、釈由美子出演のホラー映画『ロックダウン・ホテル』を実観!仏でソースが誕生したわけに思いを馳せる

文=庄村聡泰(しょうむら・さとやす)

庄村聡泰、釈由美子出演のホラー映画『ロックダウン・ホテル』を実観! なぜかフランスでソースが生まれたわけに思いを馳せる…の画像1
映画『ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染』公式サイトより

 さて、皆様はフランス料理、取り分けソースの歴史について、幾何かの知識はお持ちだろうか?

 断っておくが、貴方がこれから読もうとしている当記事は、飽く迄も映画『ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染』についての文章であるので、ご安心召されます様。暫し料理の話についてお付き合い頂く事とする。

 それは所謂ルネサンスの時代、即ち15世紀末まで遡ると言われ、当時のイタリア王女がフランス国王の元へと嫁ぐ事になり、王女の召し抱える料理人達が夫妻へと振る舞った食事が発祥とされている。しかし、ご存知の通り嫁ぎ先のパリは内陸。南の地中海や西のノルマンディー海峡で採れる魚介類の鮮度を当時の保存技術では保つ事が出来ず、苦心の末に編み出された文化が、輸送の過程ですっかり劣化してしまった食材の味と見た目に彩りを与える、ソースであった。

 当映画を鑑賞するに当たっての予備知識として必要であると筆者が判断したのは上記であり、そしてそれを以てのオフィシャルHP閲覧、その後に映画本編、と言う流れを強く推薦したい。

 当映画は2019年1月にカナダのモントリオールにて撮影されたとの事だが、その時には無論コロナのコの字もこの世には存在しておらず、出来上がった作品と世界の現状とのリンクに言い知れぬ恐怖を感じているとは主演(をさも務めたかの様にオフィシャルHPでは書かれて”しまって”いる)、ではない、釈由美子さんの弁であるが、一つのホラー映画として本作を語るに当たっては、そのトピックス意外に特筆すべき点は何もない。

 殺人ウイルスが引き起こす阿鼻叫喚の地獄絵図も、釈由美子さんの衝撃の熱演も、じっくりとじっとりと展開される、のだが、”それだけ”なのだ。

 出来る限りの予備知識を省くと言う、作品鑑賞の一つのセオリーに則って本編を鑑賞した後にオフィシャルHPを閲覧した筆者は、そこで改めてソースの歴史について思いを馳せたのである。

 要するにソースの歴史とは”どうしようもない物をどうにかする為にはどうしたら良いのか”と言う精神の元に生み出された文化であり(15世紀末に於ける地中海からパリまでの道程を鑑みるに、その食材は現在の食文化並びに保存技術からすると、どうしようもない代物の類であったと仮定してもそう、乱暴な物言いではないだろう)、”どうしようもない映画をどうにかする為にはどうしたら良いのか”と言う精神の元に生み出されたであろうオフィシャルHPが出来るまでの苦心、宣伝文句の苦心、釈由美子さんの苦心、について、筆者は胸が張り裂けんばかりの畏敬の念を抱くに至ったのである。

 こんなにも本編以上にオフィシャルHPについて語りたくなる映画が他にあるだろうか(多分いっぱいある)。

 映画のみならず、海外由来のエンタメが日本人向けにモディファイされて世に放たれる過程の全てには宣伝マン、コピーライター、演者、その他大勢の人、人、人、が関わる事となる。自らが関わった作品に対する責任。その矜持足るや。数多の受け手の内のたった一人である筆者は、当映画に対する宣伝と広告への敬意を評すると共に、エンディング曲だけはやたらカッコ良かったなと、音楽配信サービスの検索バーに曲名を打ち込んだのであった。

庄村聡泰(しょうむら・さとやす)

庄村聡泰(しょうむら・さとやす)

ロックバンド[Alexandros]のドラマーとして2010〜21年に活動。バンド時代の収入ほぼ全てを注ぎ込むほど傾倒した音楽や洋服を中心に、映画や漫画、アニメやグルメ、世界各地の珍スポットなどのさまざまなカルチャーに精通し、これらの知識と経験を生かしてライフスタイル提案型ファッションブランド「スナック NGL」を始動。また、歌劇な過激団 @furaku_taru の制作総指揮を務めている。

Instagram:@shomurasatoyasu

最終更新:2021/07/04 11:06

庄村聡泰、釈由美子出演のホラー映画『ロックダウン・ホテル』を実観!仏でソースが誕生したわけに思いを馳せるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真