日刊サイゾー トップ > 社会  > 日本民営鉄道協会が鉄道での暴力行為が減少

日本民営鉄道協会が鉄道での暴力行為が減少したことを発表! たまたま新型コロナで飲み会減少しただけ?

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

日本民営鉄道協会が鉄道での暴力行為が減少したことを発表! たまたま新型コロナで飲み会減少しただけ?の画像1

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、2020年度の鉄道係員に対する暴力行為の発生件数は大きく減少した。だが、2021年に入ると件数は再び増加傾向を示している。

 日本民営鉄道協会は7月5日、「2020年度の鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況」を発表した。2020年度は37社局で377件の暴力行為が発生した。この377件は2019年度に比べ204件(35.1%)も減少した。

 鉄道係員に対する暴力行為自体も、近10年では2011年度の911件をピークに減少傾向を辿っていた。この背景には、鉄道事業者による啓発ポスターの掲出、警察官の巡回や警備員の配置、駅係員の研修等の取組み、防犯カメラの駅構内・車内への設置等が暴力行為の抑止に大きく寄与していると考えられる。

 しかし、2020年度の減少は新型コロナの感染拡大により、緊急事態宣言や外出自粛要請が行われたことや、テレワークの推進等により、鉄道輸送人員が大幅に減少したことによる。

日本民営鉄道協会が鉄道での暴力行為が減少したことを発表! たまたま新型コロナで飲み会減少しただけ?の画像2

 暴力行為の発生状況を見ると、377件のうち217件(57.6%)で加害者は飲酒をしていた。一方、飲酒なしは127件(33.7%)、不明は33件(8.7%)となっている。

 飲酒後の暴力行為の件数だけを見ると、2019年度356件から217件へと139件・39.0%減少しており、飲酒なしは140件から127件に13件・9.3%の減少にとどまっていることから、新型コロナによる飲食店等の休業要請により、外食・飲酒の機会が減少したことが大きく影響している。

 加害者の年齢では、20代以下17.0%(前年度は16.5%)、30代18.0%(同16.4%)、40代18.0%(同16.5%)、50代19.9%(同20.3%)、60代22.1%(同20.7%)、不明5.0%(同9.6%)となっており、大きな変化は見られない。

 同様に、発生場所では改札42.2%(前年度は41.3%)、ホーム31.6%(同31.6%)、車内14.3%(同13.0%)、通路3.7%(同6.2%)、階段1.0%(同1.3%)、その他7.2%(同6.6%)とこちらも大きな変化は表れていない。

日本民営鉄道協会が鉄道での暴力行為が減少したことを発表! たまたま新型コロナで飲み会減少しただけ?の画像3

 暴力行為の発生を月別の件数で見ると、新型コロナの影響がはっきりと表れている。緊急事態宣言が出された2020年4月は前年度比で50件(82.0%)減少、5月が同16件(33.3%)減少、6月が同18件(34.0%)減少、7月が同26件(40.6%)減少と大きく減少していたが、その後は人出の戻りや飲食店の営業再開により、再び暴力行為が増加し、10月は前年度を上回る発生件数となるなど、前年度並みの発生件数となった。

 2020年12月、2021年1月は忘年会や新年会を自粛した影響もあり、飲酒の機会が少なかったこともあり、前年同月を大きく下回る発生件数となっているものの、2月、3月については前年同月並みの暴力行為が発生している。

 こうした傾向が続くようであれば、新型コロナによる影響があったにせよ、せっかく大幅に減少した暴力行為が、再び増加に転じることが強く懸念される。

 暴力行為の曜日別発生件数では、例年、週末にかけて暴力行為の発生が増加する傾向にあったが、2020年度は週末にかけて増加する傾向は現れなかった。これも、飲酒機会の影響や人手の減少が影響しているものと見られる。

 時間帯別の暴力行為発生件数では、深夜の発生件数が非常に多いという傾向は、例年と同じだった。深夜帯に発生件数が多いことと飲酒とは強い相関関係が見られる。

 2020年度の鉄道係員に対する暴力行為の発生は、新型コロナによる影響で大きく減少したが、今後、経済活動が回復し、人出が増加し、飲酒機会が増えることで、暴力行為も再び増加する可能性がある。

 新型コロナが鉄道係員に対する暴力行為を抑止するのではなく、普段から暴力行為がなくなることが期待される。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2021/07/11 08:00

日本民営鉄道協会が鉄道での暴力行為が減少したことを発表! たまたま新型コロナで飲み会減少しただけ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真