日刊サイゾー トップ > 社会  > 暴力団員減少も…山口組対立継続で警戒続く

全国の暴力団員数減少も…六代目山口組と神戸山口組の対立継続で警戒続く

全国の暴力団員数減少も…六代目山口組と神戸山口組の対立継続で警戒続くの画像1
※イメージ写真(GettyImagesより)

 警察庁は4月8日、「20年の組織犯罪の情勢」を発表した。暴力団構成員等(暴力団構成員及び準構成員その他の周辺者)は直近のピークだった04年以降、15年連続で減少しており、関連した犯罪も減少している。

 20年の暴力団構成員等は、2万5900人で前年比2300人(8.2%)減少、構成員も1万3300人と同1100人(7.6%)減少している。構成員等の直近のピークは04年の8万7000人(構成員4万4300人)で、構成員等で70,2%、構成員では70.0%の減少となった。

全国の暴力団員数減少も…六代目山口組と神戸山口組の対立継続で警戒続くの画像2

 暴力団の主要団体(六代目山口組、神戸山口組、絆會、住吉会、稲川会)の構成員等は1万8600人(全暴力団構成員等の71.8%)、うち構成員は9900人(全暴力団構成員の74.4%)となっている。

 主要団体の内訳では、構成員等は六代目山口組が8200人でトップ、次いで、住吉会4200人、稲川会3300人、神戸山口組2500人、絆會490人となっている。

全国の暴力団員数減少も…六代目山口組と神戸山口組の対立継続で警戒続くの画像3

 15年8月に日本最大の暴力団山口組は、「六代目山口組」と「神戸山口組」に分裂した。両団体の対立抗争の中、17年4月には神戸山口組傘下の一部が分裂し、「任侠山口組」を結成、20年2月に任侠山口組は「絆會」と改称した。

 08年に「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(暴力団対策法)が施行されたことで暴力団の弱体化は加速した。構成員等減少が続いていることで検挙人員も減少傾向が続いている。11年に2万6269人(構成員は5982人)だった検挙人員は、20年に1万3189人(同2561人)まで減少している。前年比では構成員等で1092人(7.6%)の減少、構成員では308人(10.7%)の減少となった。

 主な罪種別では、傷害1629人、窃盗1157人、詐欺1249人、恐喝575人、覚醒剤取締法違反3510人と、いずれも前年に比べ減少している。

 また、検挙件数も減少が続いており、20年は2万1050件で、主な罪種別では傷害1366件、窃盗6712件、詐欺1545件、恐喝434件、覚醒剤取締法違反5088件で、いずれも前年に比べ減少している。

 主要団体では、六代目山口組が最も多く、構成員等で4843人(うち構成員875人)、次いで住吉会2215人(同438人)、稲川会1662人(同402人)、神戸山口組1476人(同299人)、絆會347人(同63人)が検挙されている。(表2)

 暴力団等によるとみられる銃器発砲事件は14件発生し、このうち対立抗争によるものが5件だった。事件による死者は3人で、負傷者は5人だった。

 六代目山口組と神戸山口組の対立抗争を受け、20年1月には暴力団対策法に基づき、特に警戒を要する区域等を定め、両団体が「特定抗争指定暴力団等」に指定した。しかし5月には六代目山口組傘下組織幹部が神戸山口組傘下組織幹部に向けて拳銃を発射して負傷させる事件、11月には六代目山口組傘下組織幹部らが神戸山口組幹部らに向けて拳銃を発射して負傷させる事件が発生するなど、両団体の対立抗争は継続している。

 警察庁は、両団体の特定抗争指定の期限を延長するとともに、 7、10、12月に警戒区域を新たに追加した。なお、2月に任侠山口組から名称を変更した絆會も、両団体と対立状態にある。

 また、福岡県北九州市に本拠を置く工藤會を12年12月に「特定危険指定暴力団等」に指定し、以降1年ごとに指定の期限を延長、20年12月には8回目の延長を行った。

 なお、20年2月末現在、指定暴力団として24団体が指定されている。

鷲尾香一(経済ジャーナリスト)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」「楽待不動産投資新聞」ほかで執筆中。著書に「企業買収―会社はこうして乗っ取られる 」(新潮OH!文庫)。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

鷲尾香一の ”WHAT‘S WHAT”

わしおこういち

最終更新:2021/04/10 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真