日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 「五輪開会式」の裏番組、三者三様

「五輪開会式」の裏番組、三者三様 完全に捨てた局、勝負に出た局、絶対に負けられない局…

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

「五輪開会式」の裏番組、三者三様 完全に捨てた局、勝負に出た局、絶対に負けられない局…の画像1
Getty Imagesより

 紆余曲折を経て、ついに開催へとこぎつけた東京五輪。直前の調査でも開催に反対する意見が多数を占めるなど、逆風の中での開幕となるが、「聖火は誰が点灯するのか?」「“小山田圭吾問題”で音楽はどうなるのか」など、興味を引く話題は多く、開会式のテレビ中継の視聴率は高くなりそうだ。これはすなわち、中継をしない他局は視聴率が沈むということ。裏番組もなかなか興味深い状況になっている。

「直前になってもドタバタしている東京五輪ですが、日本時間で朝8時開始だったリオ五輪(2016年)や、早朝5時からだったロンドン五輪(2012年)でも、開会式の視聴率は20%超。金曜夜21時スタートだった北京五輪(2008年)は40%近くを記録しており、開会式の注目度は別格です。今回は自国開催ですし、放送時間も連休中の午後8時からと絶妙のタイミング。瞬間最大視聴率は50%を超えるものと見られています」(テレビ情報誌記者)

 これだけゴタゴタが続けば、きっと“アンチ五輪”の人たちもチャンネルを合わせることだろう。開会式を放送するのはNHK。世紀のイベントの裏で、他局はどんな番組で勝負するのか?

「『紅白歌合戦』の裏番組と同様、“負け戦”が確実な民放各局ですが、日本テレビとフジテレビは通常編成。TBS、テレビ朝日、テレビ東京は特別番組です。日テレは好調の『沸騰ワード10』と『金曜ロードショー』で少しでも数字を取りに行く姿勢ですが、フジの『ウワサのお客様』は低空飛行が続いており、ハッキリ言って“捨て試合”ですね。

 一方、テレ朝の『列島警察捜査網THE追跡』は年に4~5回放送され、毎回2ケタ前後の視聴率を取る人気番組。テレ東は得意の大食い番組で、TBSは人気芸人を揃えたお笑い番組です。いずれも放送時間を長く取り、チャンネルを変えさせない作戦ですね」(キー局関係者)

 各局それぞれの考えが透けて見える開会式裏番組のラインナップ。たとえ数字が悪くても、「オリンピックだから」と言い訳が出来るだけに気は楽かと思いきや、ピリピリとしているのがTBSだ。

「TBSは開会式の裏で、笑福亭鶴瓶と今田耕司がMCの『ザ・ベストワン』を4時間にわたって放送します。この番組は、芸人がベストなネタを披露するお笑い番組で、昨年3月に第1弾が放送され、今回が第5弾。9月に終了する『ぴったんこカンカン』の後を受け、10月からはレギュラー化が決定しています。

 ただ、これまでの特番では視聴率が2ケタに届いていないため、ここであまりに酷い数字を取ると、いきなり短期での打ち切りまで見えてきてしまう。そうでなくても民放各局では、『有吉の壁』(日本テレビ)の成功でお笑い番組が増えているので、鶴瓶&今田の大物コンビでもまったく安心できません」(民放バラエティ番組制作関係者)

 開会式裏番組の“銀メダル”争いの勝者はどの局に?

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/07/23 12:00

「五輪開会式」の裏番組、三者三様 完全に捨てた局、勝負に出た局、絶対に負けられない局…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真