日刊サイゾー トップ > 芸能  > 伊藤と山本の破局に芸能界の大物

伊藤健太郎と山本舞香の破局報道の背景に芸能界の大物が…

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

伊藤健太郎と山本舞香の破局報道の背景に芸能界の大物が…の画像1
山本舞香(所属事務所ウェブサイトより)

 2020年10月にひき逃げ事故を起こした俳優・伊藤健太郎とかねてから交際が報じられていた女優・山本舞香に破局が報じられた。

「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)の記事では、「山本さんは事件直後は近くで支えてあげたいと語っていましたが、このまま付き合っていては彼女の仕事にも影響が出てしまいますからね。事務所や周囲の助言もあったようで、泣く泣く別れを決めたみたいです」といった山本の知人の証言を紹介しつつ、2人が事件後間もなく破局したことを伝えたのだ。
  
 2人は20年公開の映画『今日から俺は!! 劇場版』や『とんかつDJアゲ太郎』などでの共演をキッカケに親交を深めて交際に発展。 20年1月には、写真誌「フラッシュ」(講談社)にて同棲も報じられていた。

 そうした中、20年10月に伊藤が渋谷区千駄ヶ谷の外苑西通りで車をUターンしようとしたところ対向車線を直進してきた2人乗りのバイクと衝突し、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で警視庁に逮捕され、芸能活動を休止した。その際も、山本は伊藤と別れるつもりはなく、交際を継続していることが複数のメディアで報じられていた。

 今年3月に伊藤は不起訴処分となり、TBS系情報番組『新・情報7Daysニュースキャスター』のインタビューに応じるなど芸能活動再開に向けて動きを見せる。さらに、24歳の誕生日となった6月30日には自身のインスタグラムで、オフィシャルファンクラブ「GOLONDRINAS(ゴロンドリナス)」を発足し、7月19日から25日まで写真展『SotanodelasGolondrinas―ツバメの洞窟』を東京・南青山で開催することを発表。10月には主演舞台も決定し、本格的な芸能活動再開のタイミングで山本との破局が突如、明らかとなったわけだ。

 これに対し、民放テレビ局の情報番組スタッフはこう首をひねる。

「確かに以前から山本さんの周囲はタレントイメージの観点から伊藤さんとの交際には反対していたようですが、それでも山本さんは自分の意思を通して交際を続けてきたわけで、このタイミングでの破局報道には多少なりとも違和感は感じますよね。しかも、はじめに2人の破局を報じた女性誌のライバル誌にあたる別の女性誌が、何故かわざわざそのライバル誌の報道を丸々肯定するかのような不可解な後追い記事をアップしているのも引っ掛かります。芸能活動再開にあたり、伊藤さんには所属事務所だけでなく、芸能界や芸能マスコミに強い影響力を持つとされる大手芸能プロダクショングループの幹部がサポートしているという噂もあります」

 そのうえで、こう続ける。

「伊藤さんといえば、最大のファン層は若い女性たちですし、公にカノジョの存在が明らかになっているよりはフリーの方が断然、女性ファンからの支持は集まりやすいでしょうからね。オフィシャルファンクラブが開設され、これから芸能界が再開されるという絶妙なタイミングでの破局報道だけに、いぶかしがる業界関係者も多いのが実状です」

 破局が伝えられた2人だが、まだまだその関係からは目が離せなさそうである。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/07/26 12:01

伊藤健太郎と山本舞香の破局報道の背景に芸能界の大物が…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

囲碁将棋が体現「ポストM-1時代」のブレイク

「芸人で囲碁将棋つまんないっていう人は1人もいないんで」「重要無形文化財」「わからな...
写真