日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 北村匠海、あの俳優の代役だった?

北村匠海、あの俳優の代役だった?『ナイト・ドクター』で出番が少なすぎるワケ

北村匠海、あの俳優の代役だった?『ナイト・ドクター』で出番が少なすぎるワケの画像1
『ナイト・ドクター』(FOD公式サイトより)

 主演映画『東京リベンジャーズ』も好評の北村匠海。しかし、一方で出演中のフジテレビ系月9ドラマ『ナイト・ドクター』での出番が少ないと話題になっている。

 同ドラマで夜間勤務の救急医・桜庭瞬を演じる北村。メインキャストであるにも関わらず、7月12日放送の第4話と19日放送の第5話ではほぼ出演シーンがなく、過密スケジュールを心配する報道もあった。

「たしかに北村はいま、かなり忙しく働いています。Netflixで実写ドラマ化される『幽遊白書』の主演を務めるようで、どうやらこちらの撮影が優先されているのではないかとも言われています」(ドラマ関係者)

 人気俳優が複数の仕事を同時進行するのは珍しいことではなく、それぞれの仕事に優先順位がつくのも仕方ないことだろう。北村の場合、『ナイト・ドクター』の出演シーンが特に少ない事情もあるという。

「単純に、主演作を優先して、主演ではない『ナイト・ドクター』の撮影スケジュールを割けないというだけではないんですよ。というのも、『ナイト・ドクター』はもともと伊藤健太郎がキャスティングされていたんですが、伊藤がひき逃げ事件を起こしたことで降板となってしまった。そこで、代役として出演することになったのが北村だと言われているんです」(テレビ局関係者)

 もしも、本当に北村が伊藤の代役だったとすれば、北村の出演シーンが少ないのも納得ができそうだ。

「フジテレビとしては、北村のスケジュールがかなりタイトであることを承知の上でオファーしていることになりますからね。出番が少ないのは、最初から決まっていたことなのではないでしょうか。

 北村は、俳優として大人気だし、昨年北村がボーカルを務めるDISH//の『猫』がヒットしたことで、さらにその価値も高まっている。フジテレビは、どんな形でもいいから月9に北村を出したかったのでしょう。伊藤の降板は想定外の出来事だったけど、そのおかげで北村にオファーできたというのであれば、むしろラッキーだったと言えるかもしれません」(テレビ局関係者)

 いずれにしろ、北村がとんでもない過密スケジュールで仕事をこなしていることだけは間違いなさそう。過労にならないことを願うばかりだ。

 

 

与良天悟(芸能ライター)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

よらてんご

最終更新:2021/07/26 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed