日刊サイゾー トップ > 社会  > 巧妙化するフィッシングメールの件名TOP10

巧妙化するフィッシングメール「要注意件名」トップ10レポートが公開! 思わず開封してしまいそうな名前も

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた、世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるアメリカのKnowBe4社は、2021年7月23日、2021年第2四半期(2021年4月~6月期)の「要注意件名」についての統計レポートを公開した。日々巧妙化するフィッシングメールだが、皮肉にも世の中の“今”が映し出される結果となっている。具体的な件名を見ていこう。

コロナ禍の人の心理を狙った巧妙な件名が増えているフィッシングメール

王道のタイトルには、もう引っ掛かる人は少ないかもしれないが…

 同社は、模擬フィッシング攻撃を通し、どれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPP(フィッシング詐欺ヒット率)として、継続的にアセスメントしている。今回の調査によると、人事通達を装うフィッシングメール攻撃が急増しているとの結果が。特に、全社または全組織の従業員に適用される大規模な社内規定の新設や、改訂を装うフィッシングメールの増加が目立っている。「一般的に使われるフィッシングメール件名トップ10」を見てみよう。

・即時パスワード確認依頼
・有給休暇取得規定の改定
・重要:服装規定の変更
・給与振り込みの…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/28 09:30

巧妙化するフィッシングメール「要注意件名」トップ10レポートが公開! 思わず開封してしまいそうな名前ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真