日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「JFATV」で見るテレビとサッカー

テレビでサッカーは死んだのか!?「JFATV」を通じて考えるメディアとサッカーの関係性

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

大谷翔平の動画を買うのも一苦労…

日本サッカーは死んだのか!?「JFATV」を通じて考えるメディアとサッカーの関係性の画像2
※イメージ写真

 旧来、テレビや新聞などのメディアは、試合結果や選手の動向の紹介を中心にスポーツコンテンツを取り扱ってきたが、スポーツそのものの価値を向上させるための施策には、悩んできた背景がある。

「現状、日本の放送局で視聴者が満足するような映像を提供できているのは、NHKだけでしょう。MLBのロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の活躍に注目が集まっていますが、民放では大谷選手のホームランシーンの動画を買い付けることにも一苦労していると聞きます。その結果、スチール写真をつなぎ合わせてホームランの瞬間を再現するなどしていますが、これはサッカーでも実際に起こり得る話です。

 今後、日本のサッカー選手の中からスーパースターが生まれたとしても動画が使えず、海外で活躍をしていることが認知されない可能性もある。メディアは動画が使えないとか選手が全然活躍しないとか、文句を言いたいのも分かりますが、ファンやユーザーのために、満足できるコンテンツの提供に努力をお願いしたいですね」

 テレビで取り扱われないからこそ、自分たちが理解しているコンテンツバリューを最大限に引き出し、コンシューマーにオウンドメディアで提供しようというの試みがJFATVというわけだ。

 そしてこの動きには、日本でも前例がある。

 「プロ野球のパ・リーグTVや新日本プロレスなどはJFATVにとっても、いいベンチマークになると思っています。どちらも放映権がかかる割に視聴率が取れないということで徐々に、テレビメディアから切り離されていった存在ですよね。ところが、振り返ってみるとお客さんもそこそこ入っているし、各地域や特定のファンに根付いていたり、ユーザーの熱量が高かったりスポーツコンテンツとしてのバリューは高いんですよ。そうすると、いまの状況は、メディア側の動きが問題だと認知するようになるんです」

 マスメディアの従来の枠組みとコンテンツの持っている潜在価値が噛み合わなくなっている。これこそが、メディアが追いついていないと語る所以なのだ。

「日本代表の選手のほとんどが欧州のクラブチームに所属していることからもわかるように、サッカーの技術や選手の質は今、過去最高クラスです。昔よりも代表戦は面白くなっているはずなんですよね。これを楽しむためにユーザーにどういった届け方ができるか、JFATVもテレビメディアもしっかりと考えなければいけないでしょうね」

 JFATVはサッカー人気再燃の一助となり得るのか。マスメディアはサッカーコンテンツの価値をビジネス的に変換できるのだろうか。日本サッカーの夜明けはいかに。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/09/10 16:20
123

テレビでサッカーは死んだのか!?「JFATV」を通じて考えるメディアとサッカーの関係性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

17歳の自分に観てほしい

 担当編集者のHさんが「今発売中の雑誌『PO...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真