日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 本田翼プロデュースゲーム、評判は…

本田翼の『にょろっこ』はなぜ大爆死した? 熱愛発覚だけではないゲームの問題点を分析

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

 本田翼がプロデュースしたスマホゲーム『にょろっこ』。今年6月にサービスが開始され、約2カ月が経過した。にょろっこは最初からサービス提供期間が6カ月であることが宣言されており、すでに3分の1の期間が終了した格好だ。

 本田翼は自他共に認めるゲーム好きで、2018年9月にゲーム実況をメインにするYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」を開設。このチャンネル名やアイコンなどは本田本人が考案するなどでも話題となった。

 チャンネル開設後約ひと月で100万人の登録者数を突破、その後も順調に数を増やし、現在は217万人にもなっている人気チャンネルだ(21年8月現在)。また、19年10月にはさいたまスーパーアリーナでオフラインイベントを開催し、17,000人もの来場があったほどの盛況ぶり。

 このようにゲーマーたちにも着実に認知を広げ、数字も獲得してきた本田がプロデュースしたのが『にょろっこ』だ。

 スマホ用ゲームの本作は、非対称型の対戦サバイバルアクションゲーム。こう聞いてもピンとこないかもしれないが、『IdentityV 第五人格』や『Dead by Daylight』と同じタイプのゲームと言えばわかりやすいだろう。

 流行りのゲームジャンルで本田プロデュースの話題性も抜群でロケットスタートが予想されていた本作だが、実態はちょっと異なるようだ。

12

本田翼の『にょろっこ』はなぜ大爆死した? 熱愛発覚だけではないゲームの問題点を分析のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真