日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > モルカーのスマホゲー配信開始も過激なグロ広告で騒然!

モルカーのスマホゲー配信開始も過激なグロ広告で騒然! かわいさとのギャップでファンも困惑気味!? 無料ゲームのジレンマ

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

モルカーのスマホゲー配信開始も過激なグロ広告で騒然! かわいさとのギャップでファンも困惑気味!? 無料ゲームのジレンマの画像1
©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 テレビアニメ『PUI PUI モルカー』は、今年1月からテレビ東京系『きんだーてれび』で放送され、その愛くるしさが受けてSNSを中心に一気に火が付いた。また、7月から同枠にて再放送され、さらには『とびだせ!ならせ!モルカー』として全12話を映画館での一気上映も行われた、2021年を代表するヒットコンテンツのひとつ。

 このモルカーのスマホゲームが、8月13日に配信が開始された。その名も『PUI PUI モルカー もぐもぐパーキング』。このゲームは、モルカーたちを操作してパーキングエリアから脱出させるステージクリア型のパズルゲームだ。

 モルカーは前後にしか移動できない制限がある中、モルカーたちがぶつからないように順番を考えてすべてのモルカーをパーキングから出すことでステージクリアとなる。ステージには大きく分けて2種類があって、通常ステージの他にモルカーの移動回数に制限があるチャレンジステージも用意されている。

モルカーのスマホゲー配信開始も過激なグロ広告で騒然! かわいさとのギャップでファンも困惑気味!? 無料ゲームのジレンマの画像2
©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 とまあ、ゲーム自体はすでにあるパズルゲームと大きな違いはない。しかし、モルカー公式ゲームだけあって、そのかわいさは折り紙付き。「PUI PUI」と鳴くサウンドも再現されており、ファンにはたまらない。

 スマホゲーム定番のガチャも実装されている。ステージクリア時などで入手できる「モルコイン」を使って、「モルガチャ」を回すといろんなモルカーをゲットできるという仕様だ。

 このモルガチャに登場するモルカーは通常ステージを進めることで、追加されていくようになっており、通常ステージクリアを進めつつ、集めたモルコインでモルガチャに挑戦してモルカーをコレクションするといううまい仕掛けを用意している。ここで獲得したモルカーは、「モルカーずかん」で詳細を確認できるのもうれしい。

 夏休みに子どもと一緒に遊ぶゲームとして配信タイミングもよかった本作だが、アプリストアのレビューを見るとそうでもないことがわかる。筆者も実際にAndroid版でプレイしてみたが、ある種納得の意見もある。具体的には広告に関する内容だ。

 本作はスマホゲームではよくある、基本プレイ無料のスタイル。無料でインストールおよびプレイをし続けることは可能だが、その場合は広告を視聴する必要がある。このビジネルモデル自体は馴染みがあるものだが、この広告の内容が不適切ではないかというコメントがかなり多い。

モルカーのスマホゲー配信開始も過激なグロ広告で騒然! かわいさとのギャップでファンも困惑気味!? 無料ゲームのジレンマの画像3

 モルカーは『きんだーてれび』の枠で放映されていたことからもわかるとおり、未就学児童がターゲットになっていると思われる(Androidのストア上でもコンテンツのレーティングは3歳以上となっている)。しかし、『PUI PUI モルカー もぐもぐパーキング』で挿入される広告は、過激な内容やグロテスクなものが含まれており、モルカーのイメージとかなりかけ離れているものが含まれているからだ。

 本作の「VIPモード」(610円)を購入することで、動画広告を出さなくすることができるようだが、完全に広告を消し去る機能ではなく、VIPモード購入後も一部の広告は表示される。

モルカーのスマホゲー配信開始も過激なグロ広告で騒然! かわいさとのギャップでファンも困惑気味!? 無料ゲームのジレンマの画像4
©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 ゲーム内に登場する3Dキャラやサウンドが原作に忠実な分、広告内容と仕様にファンが戸惑っている格好だ。レビューコメントの中には、「いっそ買い切り型にしてほしい」という声も。

 また、一定数のステージクリアで挿入される広告は、通信状況が悪い場合に通信エラーとなってしまうことがあり、こうなった場合はゲームが強制終了されるという報告も挙がっている。

 ゲームとしてはよくできているだけに、広告の仕様で評価を下げる形になっているモルカーの公式ゲーム。今後のアップデートでこのあたりが見直されることを期待したい。

 ©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

辻 英之(つじ・ひでゆき)

辻 英之(つじ・ひでゆき)

起きてる間が営業時間のプロ編集者。ゲームメディアの編集長、IT企業での経験を活かし、デジタルエンターテイメント分野記事を中心に寄稿中。ビジネスジャーナルでは『オレの周りはゲームばかり』を連載中。

最終更新:2021/08/17 20:00

モルカーのスマホゲー配信開始も過激なグロ広告で騒然! かわいさとのギャップでファンも困惑気味!? 無料ゲームのジレンマのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真