日刊サイゾー トップ > 社会  > Nintendo Switch、ロングセラーのヒミツ

任天堂が四半期決算、売上数トップのSwitchソフトから見るロングセラーのヒミツとは?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

任天堂が8月5日、2021年度第1四半期決算(4~6月)を発表した。売上高は約3,226億円(前年同期比9.9%減)、営業利益は約1,197億円(同17.3%減)と、前年度に比べて減収減益となった。しかし、営業利益率は37%をキープしており、悪い結果になったわけではない。それよりも前年度が良すぎたのだ。その一役を担ったSwitch用ソフト2本と一緒に、ロングセラーのヒミツを考えていこう。

今なお売れる人気のあつ森。ソフト・本体共に売り切れ続出!

シリーズ物のソフトは総じて人気があるらしい

 前年度、圧倒的な売り上げを記録していたソフトは「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」だ。あつ森の2019年度の出荷数は1,177万本、2020年度は2,085万本だった。2019年度とはいえ、あつ森の発売日は年度末の3月20日。新型コロナウイルスの巣ごもり需要が功を奏した結果ではあるが、約1年で3,200万本以上を売り上げ、Switchソフトの歴代出荷数で2位に躍り出るほどの大ヒット作品となった。

 ちなみに、3位~5位までの結果は、5位「ポケットモンスター ソード・シールド」(2,185万本:2019年発売)、4位「ゼルダの…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/08/22 10:30

任天堂が四半期決算、売上数トップのSwitchソフトから見るロングセラーのヒミツとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真