日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 岡野陽一の台頭でクズ芸人が新世代突入?

岡野陽一の台頭でクズ芸人が新世代突入? 借金、ギャンブル、遅刻……クズの“美学”とテレビ的需要

文=タカ&ユージ(たか・あんど・ゆーじ)

岡野陽一の台頭でクズ芸人が新世代突入? 借金、ギャンブル、遅刻……クズの美学とテレビ的需要の画像1
YouTube「新!王庭チャンネル もぐら×岡野のくずパチ」より

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただただ楽しく観るのもいいが、ふとした瞬間に現代社会を映す鏡となるのもお笑いの面白いところ。だったらちょっと真面目にお笑いを語ってみてもいいのではないか──というわけで、お笑いウォッチャー・タカ&ユージが気になる動きを勝手に読み解く!

ドランク鈴木&とろサーモン久保田にあって今の“クズ芸人”にないもの

タカ この数年、バラエティで「クズ芸人」の括りをよく見かけるようになったと思いません?

ユージ 増えましたね。大きいところだと今年の4月に『ダウンタウンDX』(読売テレビ/4月29日放送)でクズ芸人企画をやっていたほか、『チャンスの時間』(Abema)で「クズかわいい芸人」企画を何度かやったり、そのほかトーク番組でも該当芸人が出演すると「クズ」というワードが出てきます。よく出ているのは空気階段・鈴木もぐら、ピン芸人の岡野陽一ですよね。ギャンブルと借金でクズの2巨塔になってます。YouTubeでパチンコ番組、その名も『くずパチ』までやっていて。

タカ 遅刻などの生活態度面を取り上げられるのがラランド・ニシダやオズワルド・伊藤あたりですかね。クズ芸人って、括りとして打ち出されるようになったのは最近だけど、以前から単体で言われている人はいたじゃないですか。ドランクドラゴン・鈴木拓とかとろサーモン・久保田とか。でも鈴木拓って、今でいうところのクズとはちょっと違いませんか?

ユージ 今のクズ芸人には「借金」「ギャンブル」「遅刻」とかジャンルがなんとなくあるけど、鈴木拓は向上心が見られないとか性格が悪いという面でクズとされていましたね。

タカ 『逃走中』(フジテレビ系/2012年10月7日放送)で自首して賞金を獲得したことがありましたよね。あれで炎上してクズキャラの印象を強めましたけど、クズというより正直すぎるだけというか。時代によってクズのあり方は変わってきていると思います。

ユージ 現在のクズキャラブームは、それこそ「クズかわいい」じゃないですけど憎めなさを含んでいるのに対して、鈴木拓や久保田は“嫌われ”の要素が強い。

タカ 久保田はそういう自分を”ギリギリな格好良さがある”ととらえていそうなところがあるじゃないですか。それこそ有害な男らしさというか。クズという概念自体、そこにかかわってくるんですけど。

ユージ 2018年の「M-1」後のインスタ配信事件で久保田は、笑えるラインを超えちゃったなぁと思います。「露悪的で面白い」から「言ってはいけないことの区別がついていない」になってしまった。

123

岡野陽一の台頭でクズ芸人が新世代突入? 借金、ギャンブル、遅刻……クズの“美学”とテレビ的需要のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

中島岳志が見る2021年衆院選の行方

 政治学者・中島岳志氏を迎えた本インタビュー。前編「『選挙に行こう』だけでは意味がな...
写真