日刊サイゾー トップ > 社会  > SNSで“成功”した女性とメディアの大問題

『バッド・インフルエンサー』SNSと“虚言癖”の相乗効果で成功した女性と、メディアの大問題

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『バッド・インフルエンサー』SNSと虚言癖の相乗効果で成功した女性と、メディアの大問題の画像1
「バッド・インフルエンサー インスタ詐欺の顛末(てんまつ)」NHK公式サイトより

 
 8月19日にNHK BS1で放送された『バッド・インフルエンサー インスタ詐欺の顛末』が、衝撃的な内容であった。

 若くして癌を患い、脳腫瘍と診断されたベル・ギブソン。彼女は末期がん患者でありながら、自ら考案した野菜中心の食生活や運動による代替療法によって余命を遥かに超えて生き長らえた。その体験談はInstagramで絶大な支持を獲得し、著書の出版やアプリの発表などで大成功を収めたものの、ベルの実態は虚言まみれだった――。オーストラリアで実際に起こった事件を題材にしたドキュメンタリーである。

 この手の話は、世界中で発生している事案だ。もちろん、日本でも。有栖川宮詐欺事件、佐村河内守やSTAP細胞の騒動、血液クレンジングのステマなどは、このパターンなのでは? 

 加えて、メンタリストの差別発言が大問題になったばかりの時期でもある。今回の放送は絶好のタイミングだった。

SNSの情報に右往左往する生活

「バッド・インフルエンサー」というタイトルは、そのものズバリの直球だ。SNSを活用する人は見ておいたほうがいいドキュメンタリーだった。

 番組にはベルの元フォロワーである3人の女性が登場。その内の2人は病を抱え、切実に「健康になりたい」と願っていた。そして、ベルと出会った。「弱ってる私たちにウェルネス(一般的な疾患を自分の力で治そうとする考え方)は近づいてくる」という後日談には実感がこもっている。検査と投薬の繰り返しに悩む者からすると、ベルの生き方はキラキラして見えた。だから、「彼女みたいに生きたい」と考えるようになった。自分の体の主導権を取り返そうとし、むしろ別の他者に奪われた形になっているのは皮肉だ。ベルに影響を受け、代替療法を信じ、治療に悪影響が出た患者は多数いる。命を落とした人さえいた。

 元フォロワーの1人が、代替療法を実践していた頃の食生活を明かしている。その中で衝撃だったのは、「これもNG」と見るからにヘルシーな野菜スープを指している場面だ。

「5種類以上の加工食品を使ってるから加工食品。ダメでした」

 加工食品は悪という認識なのか? というか、「原材料が5種類以上なら加工食品」の根拠がまったくわからない。

「(根拠は)誰かがネット上で言い始めたんです。原材料が5種類以上入ってればおそらく加工食品、悪い食品だって」

123

『バッド・インフルエンサー』SNSと“虚言癖”の相乗効果で成功した女性と、メディアの大問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

青木真也が語る、コロナ禍での海外遠征

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキ...
写真