日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 50年ぶりに“発掘”されたフェス『サマー・オブ・ソウル』
深読みCINEMA【パンドラ映画館】Vol.650

50年ぶりに発掘された歴史的な野外フェス!黒いウッドストック『サマー・オブ・ソウル』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

50年ぶりに発掘された歴史的な野外フェス!黒いウッドストック『サマー・オブ・ソウル』の画像1
ファンク界の人気者スライ・ストーン。70年代には薬物で失墜することに。

 もうひとつのウッドストックをご存知だろうか? “愛と平和と音楽の祭典”と謳われた伝説のロックフェス「ウッドストック ・フェスティバル」が開かれたのが1969年の8月だった。40万人を超える観客がニューヨーク州郊外の避暑地に押し寄せた一大野外フェスとしてロックファンに記憶されているが、ほぼ同時期に注目すべき音楽の祭典が同じニューヨーク州のニューヨーク市内でも行われていた。同年6月29日から8月24日まで6回にわたって開催され、延べ30万人を動員した「ハーレム・カルチャラル・フ ェスティバル」が、もうひとつのウッドストックだ。

 こちらに出演したのは、若き日のスティーヴィー・ワンダー、日本でも人気のフィフス・ディメンション、ウッドストックでも観客を熱狂させるスライ&ザ・ファミリー・ストーン……、といった超一流のブラックミュージシャンたちだった。だが、この「黒いウッドストック」と呼ばれた記念碑的ライブイベントは、なぜか人々の記憶から忘れ去られてしまう。

 1968年に暗殺されたキング牧師の1周忌イベントとして企画された「ハーレム・カルチャラル・フェスティバル」の様子はテレビ放送用にビデオテープに収められていたものの、黒人たちの音楽イベントに当時のテレビ局を牛耳っていた白人のエラい人たちはまるで興味を示さなかった。そのため、47巻あるビデオテープは半世紀にわたって倉庫で眠ることに。かくして、幻のフェスとなってしまったのだ。

 このお宝映像の山を、リストアした上で、編集&監督したのが人気バンド「ザ・ルーツ」のドラマーであるクエストラブ。エンターテインメント性はもちろん、BLM(ブラック・ライヴズ・マター)運動の流れを汲む、現代的なライブ映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』として蘇らせている。

 映画の序盤を飾るのは、当時まだ19歳だったスティーヴィー・ワンダー。ピアノの弾き語りのイメージが強いスティーヴィーだが、意外にもドラムを叩いての登場となる。ドラムを巧みに奏でるというよりは、アフリカ系の打楽器を思わせるエネルギッシュな演奏だ。さらに「ブルースの巨人」B.B.キング、ザ・バンドの解散ライブを記録した映画『ラスト・ワルツ』(78)にも出演したステイプル・シンガーズ、「マイ・ガール」を大ヒットさせた元テンプテーションズのデヴィッド・ラフィンといった顔ぶれが続く。ウッドストック以上の盛り上がりを見せる。

123

50年ぶりに発掘された歴史的な野外フェス!黒いウッドストック『サマー・オブ・ソウル』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よう...
写真