日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 城下尊之の「フラッと芸能解説」  > 千葉真一70代でもスタントマンと渡り合う超人
フラット芸能

千葉真一、70代でも余裕でスタントマンと渡り合う超人的体力だった! 伝説多き男の波乱万丈人生

文=城下尊之(しろした・たかゆき)

千葉真一70代でも余裕でスタントマンと渡り合う! 伝説多き男の波乱万丈人生の画像1
千葉真一 公式サイトより

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説!

――8月19日、千葉真一さんが新型コロナウイルスによる肺炎で死去しました。82歳でした。ワクチンは接種していなかったそうですね。どうして打っていなかったんでしょうか。

 どうしてですかね。自分の体力に自信があったのかもしれません。いくら元気でもコロナは別。ワクチンを打っていれば重症化しないケースが多いとされています。残念ですよね。

――「体力に自信があった」といっても80代ですよ。

 いや、千葉さんの体力は本当にすごいんですよ。千葉さんが70代半ばの頃、僕の知り合いが所属しているスタントマンのグループに千葉さんが指導に来たそうなんですが、講演をするのだと思っていたら、なんと現役スタントマン相手にアクションの実技をしたそうで、若手を相手にしてもまったく遜色なかったとか。見た目も背筋がシュッと伸びていて声にもハリがあって、まったく70代に見えない。長年鍛え抜いてきた賜物でしょう。ケタ外れに若々しい。だからこそ、ワクチンを打たなかったのかも。

――70代半ばで若手相手にアクションとは、すごい。

 だからまだまだ元気に後進の育成、指導もできたでしょうし、娘で女優の真瀬樹里さん、息子で俳優の新田真剣佑さんと眞栄田郷敦さん、4人で親子共演してもう一花咲かせることもできたかもしれない。残念です。

――娘の真瀬さんは46歳、新田さんは24歳、眞栄田さんは21歳、ずいぶん年が離れているのはなぜ?

 真瀬さんは、1973年、最初の結婚の時に元妻の野際陽子さんとの間に生まれた娘です。野際さんとは1994年に離婚して、96年に28歳年下の一般女性と再婚。その時に生まれた息子が、新田さんと眞栄田さん。ところが、2015年に54歳年下の女子大生との不倫疑惑が報じられ、離婚。千葉さんは不倫疑惑は否定し、54歳年下女性と再々婚はしなかったものの、長いこと仲良くしていたというウワサ。

――そういう経緯だったんですね。50代で28歳年下女性と結婚、70代で女子大生とウワサになるって⋯⋯ほんと驚異的に若い!

 昔、囲み取材をしたことはありますが、明るく前向きでごく常識的な受け答えをしてまじめな印象でしたね。それでいて、私生活でも仕事でも波乱万丈。60年に子ども向けのドラマ『新 七色仮面』で主演デビュー。その後、数々のドラマや映画で、器械体操や空手、拳法などの経験を生かしたアクションを見せて人気俳優に。一方で、1970年にはジャパンアクションクラブ(JAC)を主宰し若手の育成にも尽力しました。

――志穂美悦子さんや真田広之さん、堤真一さんが所属していたというJACですね。

 映画のプロデュースの夢を語り、出資を募っている時期もありました。「千葉真一」という芸名を担保にして資金を集めたこともあったとか。結局うまくいかなかったようで、1990年ごろから新たな天地を求めて渡米。「サニー千葉」の名で活動するように。

――山あり谷ありですね。

 2011年ごろから再び日本での芸名を「千葉真一」に戻し、活動を続けていました。コロナに罹患していなければ⋯⋯と悔やまれてなりません。心よりお悔やみ申し上げます。

城下尊之(しろした・たかゆき)

城下尊之(しろした・たかゆき)

立教大学在学時から、サンケイ新聞でアルバイトを行っていた経緯から、卒業後、サンケイスポーツへ入社。スポーツ紙文化部記者となった初日で見習い経験もないうちに、他に大きな事件があったため、「(故)林家三平さん、大病から復帰!」という大事な現場を任された。退社後は、TBS『奥様8時半です』のデスク担当として勤務し、その後、芸能リポーターに転身し、現在に至る。独自に身につけてきた取材能力、ブレーンの作り方等から、芸能界の裏話を交えた、楽しい味付けで話す。

【プロフィールページ】

最終更新:2021/08/28 18:00

千葉真一、70代でも余裕でスタントマンと渡り合う超人的体力だった! 伝説多き男の波乱万丈人生のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

望月歩、月9『朝顔』で存在感見せる

 今年、大河ドラマ『麒麟がくる』や、連続テレビ小説 『エール』に抜擢された望月歩は、...
写真