日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 城下尊之の「フラッと芸能解説」  > 赤西仁に「もう辞めちゃいなさい」と一喝!
フラット芸能

赤西仁に「もう辞めちゃいなさい」とメリーさん一喝! ベテランリポーターが語る意外な一面

文=城下尊之(しろした・たかゆき)

赤西仁に「もう辞めちゃいなさい」と一喝! ベテランリポーターが語るメリーさんの意外な一面の画像1
赤西仁(写真/Getty Imagesより)

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説!

――8月14日、ジャニーズ事務所名誉会長の藤島メリー泰子さんが肺炎のため死去しました。93歳でした。2019年7月に弟で前社長のジャニー喜多川さんが死去してから2年。これで本当に1つの時代が終わった感じがします。

 そうですね。何年か前に、ジャニーズのコンサート会場を取材に行った際、メリーさんをお見かけしました。その頃、すでに80代だったと思いますが、「おはようございます」と声をかけると、「今日はよろしくお願いしますね」と笑顔でかくしゃくとしていました。関係者を迎えに行く途中だったらしく、慌てた様子で「ちょっとごめんなさいね」と小走りで行ってしまいましたが、とても感じのいい人でしたね。

――そうなんですか。メリーさんというとマスコミに厳しく当たるような、ちょっと怖いイメージがありました。あくまでイメージですけど。

 確かに、何かトラブルがあった時には交通整理の役割を担っていたから、怖いというイメージがあるかもしれませんが、芸能事務所にはそういう役割の人がいないとなりませんから仕方がない。ふだんはとても優しい人で、田原俊彦さんも独立するときには快く送り出しもらって、「タレントファーストの優しい方」と振り返っています。

――でも田原は退社した後、長い間干されていましたよね。それはメリーさんが各テレビ局に圧力をかけたわけではないんですか?

 違いますよ。田原さんは円満退社。メリーさんは田原さんが巣立っていくのは、仕方がないことと思っていたようです。退社のきっかけは1987年、その年まで7年連続で出場していたNHK紅白歌合戦に落選してしまったこと。その悔しさをバネに田原さんは翌年、ドラマ「教師びんびん物語」(フジテレビ系)の仕事を自分で取ってきて、主題歌も歌って大ヒットとなりました。その年、NHK紅白歌合戦に再び選ばれますが、辞退。こうした経緯から、メリーさんは田原さんがいずれ「自分でやりたい仕事ができるように独立するだろうな」と思っていた。そして、94年独立。テレビ局はジャニーズ事務所に気を使って、田原さんを起用しなくなったんです。

――すなわち、テレビ局がジャニーズ事務所に忖度したということですね。

 そういうことですね。70年代後半から所属している川崎麻世さんは、当時はタレントと事務所が家族のような感じで、メリーさんには仕事だけでなく生活面もいろいろと面倒を見てもらったと言っています。徹夜で衣裳を作ってくれたり、お弁当を作って持たせてくれたり、仕事先まで送り迎えをしてくれたり。さすがに今のような大所帯になるとそこまでケアできませんが、メリーさんの気持ちとしてはかつてと変わらず、タレントと事務所、そしてファンも家族という思いがあったと思います。

――70年代後半は、メリーさんはまだ40代。本当に母親みたいですね。

 さらに遡ると、68年にレコードデビューしたフォーリーブスは1978年に解散してから、メンバーはみんな退社。メンバーの薬物による逮捕などのトラブルがありましたが、アラフィフになって再結成したいと意を決してメリーさんに許可を取りにいったところ、「いいんじゃないの、がんばって」と笑顔で快諾してもらったそうです。そして、02年に再結成を果たし、09年まで活動しました。初期のジャニーズ事務所を支えた功労者として、メリーさんは彼らの思いを尊重していました。

――へえ、なんだかイメージが変わってきそう。

 もちろん、叱るときは厳しいですよ。かつてジャニーズ事務所に所属していた元KAT-TUNの赤西仁さんは、ソロ志向が強く、グループ活動に身が入らない時期がありました。その時、メリーさんは「もう辞めちゃいなさい」と一喝したそうです。彼のスター性を見抜いていたジャニーさんや周囲のスタッフが留学させることで丸くおさめましたが。そのほか、飲酒、喫煙、法に触れることをしたら容赦なく処分する。その点も厳しい。メリーさんがそうした面倒な裏方を一手に引き受けることで、ジャニーさんには新人発掘や舞台演出などに集中できた。すべてジャニーズ事務所を守りたい、発展させたいと思ってやってきたこと。

――ジャニーさんと姉弟、二人三脚で事務所を大きくしたんですね。今後はどうなりますか。

 ご存知のように娘の藤島ジュリー景子さんが社長を務め、副社長の滝沢秀明さんがジャニーさんの遺志を継いで新人発掘や舞台演出に邁進しています。スターをつくるシステムはしっかり確立されているので、今後も安泰だと思いますよ。

城下尊之(しろした・たかゆき)

城下尊之(しろした・たかゆき)

立教大学在学時から、サンケイ新聞でアルバイトを行っていた経緯から、卒業後、サンケイスポーツへ入社。スポーツ紙文化部記者となった初日で見習い経験もないうちに、他に大きな事件があったため、「(故)林家三平さん、大病から復帰!」という大事な現場を任された。退社後は、TBS『奥様8時半です』のデスク担当として勤務し、その後、芸能リポーターに転身し、現在に至る。独自に身につけてきた取材能力、ブレーンの作り方等から、芸能界の裏話を交えた、楽しい味付けで話す。

【プロフィールページ】

最終更新:2021/08/22 12:00

赤西仁に「もう辞めちゃいなさい」とメリーさん一喝! ベテランリポーターが語る意外な一面のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『ブレイブ-群青戦記』宮下かな子インタビュー

 新田真剣佑が主演をつとめる映画『群青戦記 グンジョーセンキ』が、3月12日から全国...
写真