日刊サイゾー トップ > 社会  > 新聞の発行部数が1番少ない都道府県は?

「新聞の発行部数」が1番少ない都道府県ランキング、まさかの同率3位に東京都・福岡県、2位熊本県、1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

天気予報から国内外のニュースまで、さまざまな“今”をまとめて知ることができる新聞。高校や大学の入試対策として「新聞を読んでおくこと」と、耳にタコができるほど言われた記憶を持つ人は多いのではないだろうか。

しかしインターネットやスマートフォンの普及により、新聞の発行部数は年々減少している。今回は日本新聞協会の発表による「日刊紙の都道府県別発行部数と普及度」をもとにねとらぼ調査隊が伝えた47都道府県の中でも1世帯あたりの発行部数が少ない地域にスポットライトを当てて紹介する。

同率3位は、意外ともいえる、どちらも大都市を抱える「福岡県」と「東京都」

通勤電車では経済系の新聞を読んでいる人もいるが、その数もグッと少なくなってきた

 同率の第3位は「福岡県」で、1世帯あたりの発行部数は0.50部、発行総部数はおよそ120万部。九州を代表する県といっても過言ではない福岡県には、全国紙の支社はもちろん、九州を代表する西日本新聞の本社など、多くの新聞社の拠点がある。

 特徴的なのが、“ローカル新聞”である西日本新聞の強さだ。九州7県での朝刊総発行部数は、2020年4月時点で約51万部に上り、全国紙を上回っている。

 そしてもう1つの第3位は、「東京都」。日本…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/09/12 15:30

「新聞の発行部数」が1番少ない都道府県ランキング、まさかの同率3位に東京都・福岡県、2位熊本県、1位は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

青木真也が語る、コロナ禍での海外遠征

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキ...
写真