日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 眞栄田郷敦は“ポスト佐藤健”?

眞栄田郷敦は“ポスト佐藤健”? 『プロミス・シンデレラ』の壱成は俳優歴わずか2年で掴んだハマり役

文=東海林かな(しょうじ・かな)

眞栄田郷敦は“ポスト佐藤健”? 『プロミス・シンデレラ』の壱成は俳優歴わずか2年で掴んだハマり役の画像
『プロミス・シンデレラ』公式サイトより

 現在放送中のTBS系火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』で、視聴者のハートを鷲掴みにしている男がいる。新田真剣佑の弟で俳優の眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)だ。

 眞栄田が同ドラマで演じているのは、金持ち・性悪・イケメンな男子高校生の壱成。二階堂ふみ演じるヒロイン・早梅と恋に落ちる役である。物語序盤ではとことん性悪な男であったが、話が進むにつれて“ツンデレ”の色が濃くなり、9月7日に放送された第9話では“デレ”の部分が大爆発して視聴者を大いに沸かせていた。

 金髪で高身長という、いかにもイケイケ高校生らしい風貌の壱成。そんな彼が、早梅の唇を奪って「てめえは俺のことだけ見とけよ、バカ女」と余裕のない表情を見せたり、仔犬のような目で「抱きしめていい?」と聞いてきたりするのだから、ときめかないはずがない。

 ネットでは、「郷敦のツンデレかわいい最強」「眞栄田郷敦、プロミスシンデレラ見るたび沼に落ちてる。これは完全なるハマり役」「高校生役なのに色気だだ漏れ」「若手でこんなにツンデレ似合う俳優いる?」などと、眞栄田演じるツンデレ男子を絶賛する声が続出。メロメロのようだ。

 ツンデレは胸キュンの定番として挙げられるキャラクターだが、2次元の世界だからこそ成立するパターンが多く、実写化するとなんだか寒いキャラクターになってしまうこともしばしば。実写版ツンデレを成立させるには、マンガに負けないくらいの端正な顔立ちと、歯の浮くようなセリフでも違和感を抱かせない演技力が必須条件なのである。

 その点、眞栄田が演じるツンデレ男子はごく自然であり、少女漫画の実写化特有のクサさも感じさせない。マンガ雑誌アプリ「マンガワン」で連載中の橘オレコの同名マンガが原作ということもあって、放送前はキャスティングに不満の声が続出していた『プロミス・シンデレラ』。なかでも眞栄田が壱成を演じることには「原作とイメージが違う」といった声が多く上がっていたが、そんな前評判を覆すように彼は壱成役を物にした。

「本格的に俳優として活動し始めてからわずか2年ほどの眞栄田さんですが、『プロミス・シンデレラ』の壱成を演じたことで、ツンデレというハマり役を見つけた印象です。ツンデレといえば、『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で佐藤健さん演じるドSドクターの“デレ”が視聴者をキュンキュンさせたことが記憶に新しいですね。佐藤さんと眞栄田さんはひと回りほど違うので、眞栄田さんが次世代のツンデレ王子として活躍する可能性は十分にありそうです」(芸能ライター)

 抜群のルックスと確かな演技力で、『プロミス・シンデレラ』の視聴者を沸かせている眞栄田。彼がツンデレの代名詞になる日も、そう遠くないのかもしれない。

■番組情報
火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』
TBS系毎週火曜22時~
出演:二階堂ふみ、眞栄田郷敦、松井玲奈、井之脇海、松村沙友理、堺小春、高橋克実、友近、森カンナ、金子ノブアキ、三田佳子(特別出演)、岩田剛典
原作:橘オレコ「プロミス・シンデレラ」(小学館「マンガワン」連載中)
脚本:古家和尚
音楽:やまだ豊
主題歌:LiSA 「HADASHi NO STEP」(SACRA MUSIC / Sony Music Labels Inc.)
演出:村上正典(共同テレビ)、都築淳一(共同テレビ)、北坊信一(共同テレビ)
プロデューサー:橋本芙美(共同テレビ)、久松大地(共同テレビ)
製作:共同テレビ、TBS
公式サイト: https://www.tbs.co.jp/promise_cinderella_tbs/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/09/14 13:00

眞栄田郷敦は“ポスト佐藤健”? 『プロミス・シンデレラ』の壱成は俳優歴わずか2年で掴んだハマり役のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真