日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中みな実、後輩アナの“急成長”に焦り?

田中みな実、後輩アナの“急成長”に焦り? 女優デビューの宇垣美里、新バラエティ女王候補の鷲見玲奈の猛追

文=小林真一(こばやし・しんいち)

(左)宇垣美里/(中)田中みな実/(右)鷲見玲奈

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実の勢いが止まらない。今秋のTBS系ドラマ『最愛』へ出演するほか、11月19日には初主演映画『ずっと独身でいるつもり?』の公開を控えるなど、大活躍している。

「田中さんは去年末くらいは、女優系の事務所フラームに移籍したばかりで、本人がやりたい仕事と事務所がやらせたい仕事がうまく噛み合わず停滞していた状態でした。田中さんは理想が強く、あこがれの女優は宮沢りえさんだそう。そのためか、役が気に入らないとせっかく来た仕事を断るなど選り好みしていた時期もあったみたいです。でも、下積みとしてどんな役でもやろうと考えを改めた。その結果、現在は寝る時間もないくらい多忙になっているようです」(民放関係者)

 順風満帆に見える田中だが、実は現状に危機感を覚えているという話も。

「田中さんはTBSで後輩だった宇垣美里さんが本格的に女優に転身しそうなのを知って焦っているみたいです。宇垣さんは今夏のフジテレビ系のドラマ『彼女はキレイだった』に出演して、演技が好評でした。もともとオタク趣味でコスプレ好きな宇垣さんは役に入りこむのが上手で、今回のドラマ出演をきっかけに演技関連の仕事のオファーが多くなっているようです。宇垣さん自身は女優をするつもりはなかったようですが、本人も今回のドラマ収録が楽しかったようで、今後は女優業にも本腰を入れていくとつもりだとか。そんな後輩の活躍に、田中さんはかなり焦っているようなんです」(民放関係者)

 さらにもう一人、気になる存在が、元テレビ東京の鷲見玲奈だという。

「鷲見さんはこれまでそのナイスバディを武器に男性ファンを獲得してきました。今年8月に発売した写真集も、大ヒットとまではいきませんでしたがセールスは悪くなく、業界の注目度は挙がってバラエティ番組へのオファーが増えています。さらに、最近ではSNSでトレーニング姿を公開するなどダイエットや美容の分野でも活動を始めている。はじめはエロ目線で閲覧している男性ファンが多かったのですが、徐々に女性人気も獲得できるようになってきています。また、鷲見さんはNGなしの体当たりキャラを貫いているのも業界人の好感度が高い要因で、新しいバラエティ女王になれるかも知れないとまで言われている。ドラマにも濡れ場やキスシーンもOKということで売り込み、いくつかの深夜ドラマや配信系のドラマからオファーが来ているとか。女優仕事も今後増えていくかも知れません」(民放関係者)

 この2人の急成長に危機感を覚えたのが、田中みな実だった。

「田中さんは自分が演技の訓練を受けておらず、女優として未熟なことはわかっています。現状の演技需要もバブル的なもので、決して演技が評価されてオファーをされているわけではないとも理解している。だからこそ、同じような状況の宇垣さんや鷲見さんに負けるわけにはいかないんです。なので、今では女優業だけでなくどんな仕事でも受けるし、作品で必要があるなら脱ぐのも考えると話しているようです」(民放関係者)

 水面下で進んでいる、熾烈なフリーの女性アナウンサーたちの戦い。現状では敵なしに見える田中みな実だが、果たして宇垣、鷲見が怒涛の追い上げを見せるのか?

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2021/09/23 12:00

田中みな実、後輩アナの“急成長”に焦り? 女優デビューの宇垣美里、新バラエティ女王候補の鷲見玲奈の猛追のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

”エロ”封印から役者としても開眼

――イジリーさんと言えば、「ベロを使った芸風...…
写真