日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > かまいたち山内「毎回SNSが荒れる」

かまいたち山内が『華大さんと千鳥くん』で見せる毎回SNSが荒れるかき回し力

文=インザパーク・義明(いんざぱーく・よしあき)

かまいたち山内「毎回SNSが荒れる」番組かき回し力とは?の画像1
『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』関西テレビ 公式サイトより

 現役お笑い芸人が、バラエティ番組の”ここに気付くとより面白くなる所”を分析してレポート!

 今回取り上げるのは関西テレビ・フジテレビ系で毎週火曜夜10時から放送されている『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』での、かまいたち山内健司さんの”かき回し力”に注目した。

 かまいたちさんと言えば2020年から今年、最もレギュラー・冠番組を増やした芸人だろう。漫才もコントも抜群にクオリティが高く、ロケも定評がありMCも出来る。加えてYouTubeも人気がある。

 そんな最強コンビのボケ担当である山内さんの実力の一端が観られるのが、『火曜は全力~』だ。

 この番組内で「ランキングぴったり当てたら100万円」というコーナーがある。テーマ毎の順位を博多華丸・大吉さん・千鳥さん・かまいたち山内さんとゲスト1人の6人が当てるというものだ。

 全員で答えをひとつにしようとするので当然、毎回意見が割れる。それでも惜しい所まで正解に近づくのだが……。話し合いの途中でたいてい、山内さんがカットインしてくる。自信満々に自分の意見をぶつけてくるのだ。

 この時の山内さんは、かまいたちさんの漫才「UFJ」など、いくつかのネタでも反映されている妙な説得力がある。聞いている方は気が付けば丸め込まれ、押し切られてしまう。思わず話を聞いて納得してしまうのだ。

 更に、「仲良くしたい人ランキング」など自分たち自身の順位を当てるテーマでは芸歴的に一番後輩なので本来は、諸先輩方に対して言いにくいはずの事もオブラートに包まずハッキリ言う。

 例えば千鳥さんには「賞レースで何の実績も無い」。

 宮川大輔さんには「番組の軸じゃない。番組呼ぶ側の人間じゃなく呼ばれる側の人間なんですよ」。

 バカリズムさんから「性根が腐ってる」と言われた時は「お前もな!」と返す。

 とんでもない度胸だ。

 中でも華丸さんに対しては、こき下ろす発言が目立つ。

「華丸さんを挙げる人はいない」
「華丸さんの6着は固定」
「華丸さんが最下位の理由言っていいですか?」

などなど、とにかく下位に持っていきたがる。

 あまりにひどいので華丸さんの奥さんが「あまり関わらないほうがいいんじゃない?」と、苦言を呈すほどだ。

 いくら番組とはいえ、芸人の世界では先輩が絶対。なかなか面と向かってここまでハッキリと言えるものでは無いのだが、そんなルールは知らないと言わんばかりに。

 もちろん本人もしっぺ返しをくらっており、大悟さんからは「全員に嫌われてる」ノブさんからは「カンテレのスパイ」と言われながらも、結果、山内さんの意見をきっかけとして、議論が熱を帯び活発になるわけだ。(そのせいで9月中旬現在、まだ正解は一度も出てないが……)

 もしもこれが会社の会議なら迷惑極まりないが、そこはバラエティ。ハリケーンのような振る舞いが、番組の面白さを数段レベルアップさせている。

12

かまいたち山内が『華大さんと千鳥くん』で見せる毎回SNSが荒れるかき回し力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真